シエラレオネでは1991年に反政府勢力により紛争が勃発、200万人以上が難民になりました。子どもたちは少年兵にさせられたり、性的虐待の被害を受けたりしました。市民が政府に加担したとみなされると、武装勢力により手足を切り落とされるなど、残酷な行為も横行したのです。

この紛争が10年以上に渡り長引いた背景には、シエラレオネの豊富な天然資源の一つ、ダイヤモンドがあります。ダイヤモンドの密輸と引き換えに、外部から武装勢力への支援が行われたのです。

映画『ブラッドダイヤモンド』(2006年公開)では、このシエラレオネの紛争ダイヤモンドが取り上げられています。
参照: THE BIG ISSUE ONLINE
http://bit.ly/1kneIeB
新着情報一覧へ