READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

エボラ出血熱からシエラレオネを守るために必要な物資を届けたい

Kaori Suzuki

Kaori Suzuki

エボラ出血熱からシエラレオネを守るために必要な物資を届けたい

支援総額

509,000

目標金額 1,000,000円

支援者
68人
残り
終了しました
募集は終了しました
2お気に入り登録2人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

2お気に入り登録2人がお気に入りしています

プロジェクト本文

エボラ出血熱の新たな感染を防ぐために、

必要な物資を届け設備を整えたい!

 

はじめまして!実行者のフランチェスカ・コナテです。私は2007年から2011年までシエラレオネの女性と子どもたちのため、4年間に渡りファンドレイジングプロジェクトの日本東地域の大使として活動しました。現在は、「シエラレオネウォートラスト (SLWT)」(http://www.slwt.org/) の代理として活動しています。

 

SLWTは、エボラ出血熱の影響下にあるシエラレオネの地域において、医療従事者に必要な医療物資を届けたり、貧しい地域に衛生物資を提供する活動を行っているNGOです。 今回のプロジェクトでは、下記の2つの活動を実施するための資金を集めます。

 

1) 使い捨てマスク、手袋、エプロンなどの保護服の提供

2) シエラレオネ首都フリータウンの人口が密集しておりかつ貧しい地域における、手洗い場 (蛇口付きバケツと塩素水)の提供

 

上記の2つを提供するために、資金がおよそ100万円ほど必要です。

皆様からのご協力を頂き、シエラレオネでエボラ出血熱の

拡大を防ぐためのご協力を頂けないでしょうか。

 

(こちらは、手洗い用の蛇口付きバケツです。)

 

シエラレオネでは6,073人の感染者が確認され、

1,250人が命を失いました。(2014年11月19日現在)

 

国内のすべての地域が影響を受け、首都フリータウン(西部の都市、農村地域)及び北部のポート・ロコでは感染率が最も高いです。学校は6月から閉鎖され、企業も閉鎖を余儀無くされたため、失業者が増え経済状況は深刻な状態にあります。医療制度も崩壊寸前にあり、エボラ出血熱感染の恐怖のために病院が閉鎖され、多くの医師も職を離れてしまいました。

 

その結果、医療機関にアクセスできない多くの人々が、出産、マラリア、糖尿病などエボラ出血熱とは関係ない原因でも命を落としています。

 

このまま感染が拡大すると、シエラレオネの経済に大打撃を与え、人々の心と身体に悪影響をもたらすことになるでしょう。

 

感染防止には、医療・衛生物資がコミュニティに行き渡る必要があります。

 

SLWTの職員を共通の友人に紹介してもらったことをきっかけに、

彼らの活動について知りサポートしたいと考えるようになりました。

 

私は4年前から東芝社員を対象に英語の指導をしています。そんな私が、SLWTの活動をサポートするようになったのは、彼らがニーズのあるコミュニティに効率的に必要な物資を送ることができるからです。もし必要な物資を届けられなければ、物資を提供してくれた人々の善意が無駄になってしまいます。また、SLWTはシエラレオネ国内の他の団体と協力することで、コミュニティに対して効果的なインパクトを与えています。以上のことから、エボラ出血熱の感染を防ぐためにSLWTとパートナーシップを組むことを決めました。

 

私は人々を救うために自身の命を危険にさらしている医療従事者、ボランティア、そして現地の人々を助けたいと強く願っています。この絶望的なエボラ出血熱の拡大が終結した後も、シエラレオネでは食糧、教育、生活必要物資へのアクセスなど、経済的にも大きな影響を与えるでしょう。人々はエボラの脅威から生き延びる機会を与えられるべきです。私たちの行動が、彼らの生活に変化をもたらせると信じています。

 

(感染を防ぐためには、塩素水での手洗いは効果的です。)

 

今回のプロジェクトでは、下記の物資を届けるための資金を集めます。

 

・非接触式温度計:50個 〈単価2,950円〉
・使い捨てマスク: 300パック(100枚/1パック) 〈単価546円〉
・使い捨て手袋: 300組 〈単価344円〉
・使い捨てエプロン: 300枚 〈単価682円〉
・蛇口付バケツ: 300個 〈単価1,229円〉
・消毒用塩素: 1ガロン×300袋 〈単価682円〉
・「Wash Your Hands」と書かれたラベル 300枚 〈単価54円〉
・輸送費 13,657円

 

エボラ出血熱の影響を受けているコミュニティ、そして自らの命をかけてエボラと闘う医療従事者の方々を助けたいと考えています。また、シエラレオネのすべての市民も、このエボラ出血熱の流行と闘うために差し出される寛大さと支援を享受することでしょう。

 

 

 

日本で集められた寄付金は、イギリス認定のNGO、シエラレオネ・ウォートラスト (SLWT) に届けられ、必要な供給物資を購入するために用いられます。供給物資は信頼できる団体及び企業の協力のもとで各地域に届けられます。保護服の供給はChristian Health Association of Sierra Leone、塩素水および20ℓバケツの供給は地元企業のEdward Davies and Associatesの協力を得て実施される予定です。

 

引換券について

 

・サンクスレター

 

・プロジェクト報告書

 

・シエラレオネの生活を紹介するアルバム

 

・Batik(シエラレオネの伝統工芸品)

 

もっとみる

プロフィール
Kaori Suzuki
Kaori Suzuki
フランチェスカ・コナテは日本国内のシエラレオネコミュニティ及び世界中の仲間と、エボラ出血熱と闘う英国NGO団体SLWTの活動を支援します。

リターン

3,000

3,000円の支援で、非接触式温度計を1つ購入することができます。

1:サンクスレター
2:プロジェクト報告書

支援者
41人
在庫数
制限なし

10,000

10,000円の支援で、5パックの使い捨て防護用マスク、7人分の使い捨て防護用手袋、7人分の使い捨て防護用エプロンを購入することができます。

1、2に加えて、
3:シエラレオネの生活を紹介するアルバム

支援者
23人
在庫数
制限なし

30,000

30,000円の支援で、5パックの使い捨て防護用マスクと7人分の使い捨て手袋、7人分の使い捨て防護用エプロンを購入し、消毒用手洗い場を10箇所作ることができます。(蛇口付バケツ×10, 消毒用塩素×10)

1~3に加えて、
4:Batik(シエラレオネの伝統工芸品)

支援者
4人
在庫数
6
プロフィール
Kaori Suzuki
Kaori Suzuki
フランチェスカ・コナテは日本国内のシエラレオネコミュニティ及び世界中の仲間と、エボラ出血熱と闘う英国NGO団体SLWTの活動を支援します。

あなたにおすすめのプロジェクト

ひとり親世帯を孤立から守る!食材等の、必要な支援を届けたい

たましろ ゆかりたましろ ゆかり

#子ども・教育

累計支援者数
24人
継続会員数
11人

被爆体験と平和への願いを次代へ-継承プロジェクト、スタート!

北明邦雄(きためくにお)一般社団法人北海道被爆者協会事務局次長北明邦雄(きためくにお)一般社団法人北海道...

#子ども・教育

45%
現在
321,000円
支援者
35人
残り
71日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする