ご存知と思いますが、イギリスのEU離脱がニュースになっています。

私は23日、ランチの会話で初めて話を聞き、暴落したドルのチャートを見て愕然としました。

 

世界経済に相当な影響があると報道されるのを見て、果たしてこの時期にアートフェアが無事に開催されるのだろうか?と不安に感じてきました。

私にとってロンドンは初めて訪れる場所なので、ただでさえ慎重に行動したいところです。「最悪、暴動とか起きるかもしれない」という人の言葉に不安は益々膨張しました。

 

そこで運営事務局のムーア氏に聞いてみました。

「このニュースに関して、アートフェアにどんな影響があると思いますか?」

回答は、以下のものでした。

 

"It is a great time to do business and come to the UK - the exchange rate is very low! :)

It has never been better.

 

Bear in mind some journalists in the media are sulking...they'll get over it.

I voted Leave and am very happy as are millions in the UK."

 

*伊藤訳

”為替レートがとても低いから、イギリスでビジネスを行うには大きなチャンスだよ!

これより良い状況はない。

 

メディアのジャーナリストの中には、不機嫌になっている者もいるが、それはすぐに終わるだろう。私も離脱に投票し、何百万人もの人と同様にとても嬉しく感じている。”

 

現状は、日本で私が心配しているほど殺気立った状況ではないようです。

そして、ムーア氏のもう一言が、私に感動をくれました。

 

”You might be interested to know that Setsuko Ono is coming to the fair to how her work. She is the sister of Yoko Ono.”

 

”セツコ・オノがフェアに来るので、彼女がどのように制作するかあなたは興味を持つかもしれない。彼女はオノ・ヨーコの姉妹だよ"

 

改めて、この会場には私の知らない人、世界が広がっているように感じました。

 

迷うのをやめ、安全対策を可能な限り、練ることにしました。

今回は1人で行く予定ですが、事前に情報を集めて安全なエリアに宿泊する、現地でガイドをしてくれる方を見つけておくなど、万が一の場合の対策はできると考えています。

 

引き続き、応援をお願い致します!