READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

多様な性を生きる人の防災・災害支援に取り組みたい!

性と人権ネットワークESTO

性と人権ネットワークESTO

多様な性を生きる人の防災・災害支援に取り組みたい!

支援総額

791,000

目標金額 690,000円

支援者
64人
募集終了日
2017年6月5日
プロジェクトは成立しました!
4人がお気に入りしています

終了報告を読む


4人がお気に入りしています
2017年05月23日 14:33

メッセージ紹介③ namiheiさん

ご支援や応援をありがとうございます!

多くの方から応援メッセージやお声掛けをいただき、とても心強いです。

ガイドブック発行に向けて頑張っていきますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 

てんでん宮城のnamiheiさんから応援のメッセージをいただきましたので、ご紹介します!

namiheiさん、いつも応援や叱咤激励をありがとうございます(^^)

 

*********

 

てんでん宮城 namihei

 

「今こそ声を上げるべきだ!」
そう言われたのは、まだ水道が復旧してなくて毎日毎日水や食料、ガソリン等の確保に走り回っていた頃だった。余震も多く、流されてきた車は道路の端に寄せられたまま、あちこちに残る土砂のせいでホコリっぽかった。肌はガサガサになり、髪の毛はベタベタ。
東日本大震災発生後、何日経った頃だろうか。沖縄から来た自衛隊がでっかいテントを張り、お風呂を設置してくれてすごく嬉しかった。
が、「多様な性を生きる」私は一度もそのお風呂に入る事はなかった。
自衛隊に理由を話せば、時間等を配慮してもらって1人で利用させてもらえたのかもしれない。
「今こそ声を上げるべきだ!」
でも言わなかった。とてもじゃないけど言えなかった。
たかがお風呂の為にカミングアウトする気になんてなれなかった。
たかがお風呂・・・これがトイレ問題だったら・・・避難所だったら・・・。
カミングアウトするくらいなら他の選択肢を取ったかもしれない。
こんな思いは2度としたくない。他の人にもさせたくない。
そう思って始めた活動なのに、結局何も出来ないまま6年経ってしまった。
その間も各地で災害が起こり、「多様な性を生きる人」が困っていたのではないかと思います。
それでも何も出来なかった。何をしたらいいのか見つけられなかった。
「今こそ声を上げるべきだ!」
それは災害が起こってからではなく、まさに今なんだと思います。
避難所を運営するのは被災者です。支援者も、被災地に入れば被災者と同じ生活をしなくてはいけません。
みんながしんどい時に、自分の事で悩ませたくない、悩みたくない・・・そう思わなくてもいいように、「防災ガイドブック」を手に多くの人と考える機会が増える事を願っています。

メッセージ紹介② 前川直哉さんメッセージ紹介④ キャシーさん
一覧に戻る

リターン

3,000

alt

感謝を込めて、お礼のメールをお送りします

感謝の気持ちを込めたメールをお送りします

支援者
17人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2017年10月

10,000

防災ガイドブックをお届けします!

防災ガイドブックをお届けします!

感謝の気持ちを込めたメールをお送りします
防災ガイドブックをお届けします

支援者
40人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2017年10月

30,000

防災ガイドブックを5冊お届けします

防災ガイドブックを5冊お届けします

感謝の気持ちを込めたメールをお送りします
防災ガイドブックを5冊お届けします

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2017年10月

30,000

alt

【災害にみんなが安全に過ごせるようになってほしい】プロジェクト応援コース

◆感謝の気持ちを込めたお礼のメールをお送りします
いただいた資金は今回の活動に大切に使わせていただきます

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2017年10月

50,000

alt

【災害時にみんなが安全に過ごせるようになってほしい】プロジェクト応援コース

◆感謝の気持ちを込めたお礼のメールをお送りします
いただいた資金は今回の活動に大切に使わせていただきます

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2017年10月

50,000

講師を派遣します!

講師を派遣します!

感謝の気持ちを込めたお礼のメールをお送りします
防災ガイドブックを5冊お届けします
講師を無料で派遣します
※交通費はご負担ください。日程はあらためてご相談させていただきます

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2017年10月
プロジェクトの相談をする