このプロジェクトでは継続的な支援を募集しています

「ちいさな音楽家サポーター」プログラム マンスリー(毎月寄付)会員

「ちいさな音楽家サポーター」プログラム マンスリー(毎月寄付)会員
このプロジェクトでは無期限で寄付を募集しています。「毎月」のコースで支援した場合、すでに完了した決済をキャンセルすることはできませんが、将来の決済を解約することができます。

マンスリーサポーター総計

75
このプロジェクトでは無期限で寄付を募集しています。「毎月」のコースで支援した場合、すでに完了した決済をキャンセルすることはできませんが、将来の決済を解約することができます。

    https://readyfor.jp/projects/fesjmonthly?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note
2023年12月28日 13:38

「第2回駒ヶ根子どもオーケストラ演奏会」無事終演!

いつもエル・システマジャパンの活動を応援くださっている皆様、ありがとうございます。

 

10月から昨日まで実施していました東京子どもアンサンブルをご支援くださるマンスリーサポーターの募集キャンペーンでは、

およそ2か月で18人の方に新たにマンスリーサポーターになっていただくことができました。

「サポーター50人大募集!~見える子も見えない子も歌うコーラス隊~」https://readyfor.jp/projects/tce-monthly(キャンペーンは終了しております。)

皆様のご支援に心から感謝いたします。今後とも、エル・システマジャパンでは、子どもたちに寄り添って、実りある活動を進めてまります。どうぞ引き続きよろしくお願いいたします。

 

さて、今日は、エル・システマジャパンの長野県駒ヶ根市の拠点、駒ヶ根子どもオーケストラの活動をご紹介いたします。

 

 

「第2回エル・システマジャパン駒ヶ根子どもオーケストラ演奏会」が、駒ヶ根市立赤穂公民館で12月2日(土)に行われ、子どもたちはたくさんのお客様に見守られる中、無事立派に演奏することができました。

バイオリンを今年始めた小学1年生からこの演奏会で卒業する中学3年生まで、バイオリン、ビオラ、チェロの総勢およそ60人が、全部で14曲を演奏しました。

 

全員で演奏した「きらきら星変奏曲」や、自然いっぱいの駒ヶ根の風景にちなんで「山の音楽家」や「河は呼んでいる」「信濃の国」を演奏したほか、チェロ、コントラバスなどの楽器ごとのアンサンブルも初めて行いました。

 

 

また、ヴィヴァルディの弦楽のための協奏曲「田園風」では、様々な楽器でソロも披露したり、声部の入り組んでいるヘンデルのハレルヤコーラス(弦楽合奏版)でも見事、歌い上げるように美しい響きを届けてくれました。子どもたちが練習の時から大好きだ!と言っていた「パイレーツ・オブ・カリビアン」のテーマ曲、そして「そりすべり」も音楽にのって、楽しく客席に向けて演奏することができました。

 

 

地元の伊那フィルハーモニー交響楽団の指揮者、春日俊也さんが指揮者を務めて下さいました。子どもたちの練習からさまざまご指導くださった春日さんに心から感謝申し上げます。


駒ヶ根でエル・システマが始まって7年。こうして素晴らしい合奏が実現したのも、子どもたちのがんばりはもちろん、これまでの指導者の先生方、駒ヶ根市役所の皆さま、保護者の皆さま、地域の皆さまのおかげです。本当にありがとうございました。

_________________________

《出演した子どもたちの感想》

・しゅんたさん(小3)

去年の小2から始めたので、2回目のコンサートでした。最初は緊張したけど、弾いてくるとだんだん楽しくなってきました。アンコールのジングルベルでみんなで鈴を鳴らしたりして、いい演奏会だったなぁと思いました。次は難しい曲に挑戦してみたいです。

・いつきさん(小6)

1年生から6年間やってきました。舞台に立ったら緊張したけど、今までやってきた練習してきた成果を出すことができてよかったです。弾ける曲が増えるようにいっぱい練習したいです。お兄さんお姉さんが上手だったので、僕もうまくなりたいです。

 

・まりさん(中1)

コンマスをやりました。ヴィヴァルディではソロも担当しました。2楽章のソロのタイミングは難しかったけれど、本番はうまくいってよかったです。最初はそりすべりも難しかったけど、指揮の春日先生が教えてくださって、みんなもがんばっていい演奏になったと思います。コンマスも続けていきたいです。もっと難しい曲にも挑戦して、レベルアップしてまたいい演奏会をやりたいです。

 

・あやかさん(中3)

コンサートはとにかく楽しかったです。この演奏会で卒業するなんて実感がわかなくて、来週練習に来てしまうかも。みんな緊張していたけれど、よくできていたし、音楽にのれていてよかったです。

 

・みさきさん(中3)

このコンサートで、卒業だと、最後だと思うと悲しいなと思っていたのですが、コンサートが終わって思ったことは、楽しさの方が勝っていたな、ということです。練習で気を付けなくてはいけないな、と思っていたところが、みんな本番では全部できていたので、すごいと思いました。

___________________________  

 

今回のコンサートで駒ヶ根子どもオーケストラを卒業したあやかさん、みさきさんは、受験が終わったら、また駒ヶ根子どもオーケストラのみんなと一緒に音楽をやりたい、とも話してくれました。

一つの大きな舞台を終えて、また一つ成長を遂げた子どもたち。

これからも駒ヶ根子どもオーケストラのがんばりを見守っていただけたら幸いです。

 

※ 長野日報や中日新聞にもご取材いただきました。

長野日報

http://www.nagano-np.co.jp/articles/118690

中日新聞

https://www.chunichi.co.jp/article/815463

 

 #elsistema #エルシステマジャパン #エルシステマ #elsistemajapan #駒ヶ根子どもオーケストラ #駒ヶ根市 #パイレーツオブカリビアン #ヘンデル #ヘンデルメサイヤ #ハレルヤコーラス #信濃の国 #ヴィヴァルディ #山の音楽家 #河は呼んでる #きらきら星変奏曲 #オーケストラ #バイオリン #ビオラ #チェロ  #ビオラアンサンブル  #チェロアンサンブル  #伊那フィル  #そりすべり

 

記事をシェアして応援する

    https://readyfor.jp/projects/fesjmonthly/announcements/303001?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

あなたにおすすめのプロジェクト

注目のプロジェクト

もっと見る

新着のプロジェクト

もっと見る