こんにちは このページをご覧頂きありがとうごさいます!

 

学生団体Heart’sの奥島です。

現在は大学2年生として経済経営学を学び、

まだ話す事は厳しいですが、これからの将来の為に英語の勉強もしています。

 

 

元々テレビなどのニュースを見て国際協力には興味を持っていたので

大学生である今の内に少しでも海外、中でも発展途上国の現状を知ろうと思い、

 

今年の春に一度、カンボジアにあるジャパンハートの病院に

学生ボランティアとして行っていました。

 

 

 

正直、ジャパンハートの支援している病院とはいえ

どのような所なのだろうと心配していましたが、

 

数日活動して目にしたのは

確かにカンボジアはまだまだ発展途上国だはありますが、

そこに住んでいる人々の、とても明るく懸命に生きている姿でした。

 

 

私は医学生ではないため、基本的には病院内の掃除やカルテの整理、

ガーゼ作り、医療機材の清掃などをしました。

 

道に多くのゴミが捨てられている所も多い為、

空いてる時間に病院周辺のゴミ拾いをしていると、

現地に住んでいる中年の女性が近づいてクメール語で話しかけてくれました。

 

内容はわかりませんでしたが、

ニコニコと笑いながらゴミ拾いを手伝ってくれました。

 

 

ボランティア以外にも子供達と言葉は分からずとも

表情や仕草等を見ながら遊んだりもしました。

 

他にも文章だけでは伝わらないような出来事も多く、

色々な事を学ばせてもらいました。

 

 

今回僕が行ったのはミャンマーの病院ではありませんが、

海外ボランティアに参加した中で言えるのは

 

現地の病院では日本とは違いとにかく資材が不足している事、

手術中でも頻繁に停電が起きる為医療用ライトが使えず、

懐中電灯で照らして手術を続行していると現地のスタッフから聞きました。

 

 

しかし懐中電灯だけでは手術の効率が大幅に落ちてしまい、

手術の成功確率も下がると思われています。

 

 

そこで私達みんなが協力し合い医療用ライトを届ける事により

これから手術を受ける人達を救う事ができます!

 

どうかミャンマーの人達の為に協力してもらえないでしょうか?

是非、よろしくお願いします!

 

新着情報一覧へ