こんにちは。いつもお世話になっております、ふじもんです。

 

ある中学校で講演をしたとき、全校生徒の感想をいただきました。それを1つ1つ丁寧に読んでいたのですが、僕はあることに気付きました。

 

それは、僕が何を話したか云々の前に、僕の経歴そのものに興味を持っている生徒が多かったことです。

 

 

大学卒業後、僕はスキーの選手活動をしていました。夏場はニュージーランドでトレーニングを積み、冬場は雪山で生活をし、そして引退後はオーストラリアに渡り、世界を旅して日本に帰ってきました。その後高校の先生になり、教育委員会にも行き、夜は大学院に通い、中学校の先生になり、また世界を旅し・・・。

 

履歴書だけを見たら、僕の経歴はめちゃくちゃに見えるかもしれません。しかし、僕の中には常に軸がありました。それは今でも変わりません。

 

そして何より、僕はいつだって「今」を楽しく生きています。

 

僕は大切なことが1つ分かりました。それは、いかに日本の子どもたちが、「楽しく生きている大人」と接していないかということです。

 

それは裏を返せば、いかに日本の大人たちが「楽しく生きていないか」ということだとも思うんです。

 

これは深刻な問題です。きっと日本の子どもたちの多くが、大人になること、働くことを楽しみに思っていないことでしょう。

 

だから僕は思いました。「人生って楽しいんだぜ!」「こんなバカな大人もいるんだぜ!」ということを、この背中で伝えていこうと。

 

もっともっと、大人になることが楽しみに思える子どもたちを増やしていきたい。そういう思いも強くなりました。僕が「ふじもん先生の旅プロジェクト・世界一の授業」をし続けていくのには、そういった理由もあります。

 

「もっと人生を楽しめ!」そんな子どもたちへのメッセージも、僕の活動には込められています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!僕の想いを理解していただけましたら幸いです。どうぞよろしくお願い致します!

 

ふじもん

新着情報一覧へ