今日も夕方から、脚本の打ち合わせをしました。今回脚本を書くのは、松川。演出は今まで経験がありますが、脚本の執筆は初めて。試行錯誤、暗中模索しながら、自分たちの表現したい事を凝縮するため、執筆しています。

 

 

 その後は、広報先リストづくり。先ほど終わって、松川は脚本制作へ、山本は自社の仕事で終わりきらない分の作業へと、ふきだしの夜は更けてゆきます。

 

新着情報一覧へ