タイトル:山もいい。川も、海もいい。福井の自然はいかがでしょうか。
福井人:斎藤 鐘吉さん(山岳ガイド・こどもみらいのボランティア)
会える場所:福井の山や海や川など自然があるところ

-----------------------------------------
「山もいい。川も、海もいい。福井の自然はいかがでしょうか。」

その言葉が、心にのこる。

福井県初のセブンサミッターの言葉だ。
セブンサミッターとは、世界7大陸の最高峰登頂者である。


踏破には、その国山々の地域・現地の人たちとの喜びを仲間としてシェアーできるその人柄にあった。
斎藤さんは、福井県山岳連盟 会長 牧野治生さんとタイプは異なるが、山を愛するものの1人である。共通点があるとすれば、2人とも約1300年前に泰澄大師の開いた白山信仰で伝えられる十一面観音を思わせるいくつもの顔を持つ福井人である。


普段は、不登校や引きこもってしまっている子供たちに、登山、カヌー、キャンプを通じ、自然を体験させ、そのなかで、自分の責任感、忍耐力が自然と子供たちのいつの間にか身に付いている。そんな自立支援を行っている。

ある日、そんな子供たちを、カヌーへと遊びに行ったときのこと。こどもが突如消え、山の神隠しか?にあったのかと、びっくりしたことがあった。
その子供はというと、きれいな水辺に向かって夢中でひとり言を懸命につぶやいていた。その姿を見て、斎藤さんは、「この子たちの自立のお手伝いをしたい」と改めて決意したそうだ。


とにかく笑顔がこどもの笑顔。(笑)

まさに、この言葉が似合う男。

自然に囲まれたこの福井を愛するものの1人でもある。

斎藤さんは、ほんとの遊び人(びと)が似合う人。


そんな人柄は、これらの写真をみてのとおり。

「ようこそ、福井へ」


(取材・執筆:加藤 孝佳 (福井県山岳連盟 広報委員長))

≪参考≫
公式ブログ
http://shoukichi.sitemix.jp

-----------------------------------------

※「Facebook版 福井人」は、福井人Facebookページでも紹介中!
http://www.facebook.com/CommunityTravelGuide

 

 

新着情報一覧へ