READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

朝鮮学校の山陰美術展を今年は鳥取県米子市で開催します!

朝鮮学校の山陰美術展を今年は鳥取県米子市で開催します!

支援総額

360,000

目標金額 300,000円

支援者
43人
募集終了日
2019年3月4日
プロジェクトは成立しました!
0お気に入り登録0人がお気に入りしています

終了報告を読む


0お気に入り登録0人がお気に入りしています
2019年03月03日 01:42

学美応援#20 〈学美の世界 5〉表現は、軽やかに越境する

 学美米子展の支援が目標額の30万円を達成しました。支援・応援していただいたすべての方に感謝申し上げます。あと二日残っていますので、引き続き支援・カンパをもとめます。 月曜日23時までご協力お願いします。
 
 さて、今日の学美応援#は大阪・京都の朝鮮学校で 美術図工を生徒と一緒に楽しんでいる 金明和(キム・ミョンファ)先生です。私が学美に参加した2014年 第42回松江展から山陰展は皆勤賞です。学美の魅力をお聞きしました。

_/_/_/_/_ /_/_/_/_/
         在日朝鮮学生美術展中央審査委員・金明和
 学美は、技術や規範に囚われるのではなく、子どもが自らの体験や社会と向き合い感じ考えたことを表現する「子どもの自己決定」の場である。

 表現とは本来、自分以外の他者と分かち合うことのない、一般化されない自己の自律的な感覚や思考から沸き上がるものであるからだ。

 学美の図工・美術教員は、子どもの表現の決定がなされるまで気長に待つ。そしてなされた決定を面白がり、尊重し、全力で支援するべく東奔西走する。

 子どもは自己決定権を持つ人間であるが、まだ未成熟なため、保護され、大人の管理下におかれるか弱い存在ともされる。ゆえにその自己決定はいつも一番に尊重されるものではないが、しかし、本当に子どもは「管理」されるべき未熟でか弱い存在なのだろうか…と、図工・美術の授業の端々でとまどってしまうのである。

表現する子どもは、堂々として頼もしく威厳があるのだ。

 子どもは自ら感じ、考え、決定する。その規範に囚われていない表現は、われわれ大人を混乱させ、たくさんの問いを突きつける。

「管理」という言葉を簡単に打ち砕くのである。

 子どもの自己決定の結晶である学美の作品は、観る者を揺さぶる。それはウリハッキョに関わる人々に留まらず、さまざまな背景を持つ多様な人々をも魅了している。

表現は、年齢や立場、民族や国境を軽やかに越境する。

 

 剥製の鳥への親近感を感じる。ウリハッキョの児童にとって鳥の剥製は割合、身近である(作品1)。大抵のウリハッキョに、朝鮮民主主義人民共和国から贈られてきた剥製が飾られているからだ。作者の学校にもおそらく目につくところに剥製が飾られているのだろう。黒く頑丈そうな木の幹の周りに配置された13体の標本の鳥たちは剥製であるにもかかわらず表情も生き生きと豊かで躍動感さえ感じる。

 むしろ木の上の、生きている3羽の鳥は寒々しくぽつんと佇んでみえる。ふわふわに描かれた木の葉が、天の雲のようにみえるからかもしれない。巣の側のからすが飄々としていておかしい。

 

「お前の心が余りにもみえる

お前には私の心が余りにもみえる

話せば話すほど嫌いになる

「私」の意味もなくなり

探す自由もなくなる

お前が私を葬り去った」

 作品の裏に書かれていた詩である(作品2)。心臓のような物を食べているのは「私」なのだろうか。それとも食べられているのが「私」なのだろうか。食べているのも食べられているのも目を凝らして見ると一体にみえる。

 問われているのは、作者の「私」なのだろうか、それとも鑑賞者である「私」なのだろうか。

 

 圧倒的な造形である(作品3)。中央審査場で初めて観たとき、私はその場にねじ伏せられ、キーンと耳鳴りがしたようだった。

 三つの太陽は、幻日と呼ばれる自然現象だろうか。大地に根を這わしそびえ立つ、乱立する樹木は、上部がからすの形を成している。姿を変えられた仲間なのか。先導する者と耳をそばだてる者。画面の全てが、ただならぬ空気を示唆している。

朝鮮新報

 

一覧に戻る

リターン

5,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

「学美」米子展の感想集

「学美」米子展の感想集

支援者
23人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年7月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

「学美」米子展の感想集+入賞作品収録DVD

「学美」米子展の感想集と入賞作品収録DVD

支援者
20人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年7月

プロジェクトの相談をする