春といってもまだ厚いコートが必要な女川ですが、昼間はあったかいなーって感じるようになり、副船長は鼻がぐしゅぐしゅする黄色い粉の季節になりました。
東京の方は桜が咲いたなんてテレビでやってて、やっぱすげーな東京wって思います。

福幸丸クルーは復幸祭ロス&筋肉痛を引きずっていますが、本格的に我歴STOCKの準備をする時期になりました。
実は先日、福幸丸初期メンバー会をしたのですが、これがまた楽しかった!
同級生6人。
この同級生6人に後輩や兄弟を巻き込んで、第一回目の我歴STOCK〜福興編〜を4年前に開催したのです。その開催場所は災害公営住宅となり、もうありません。
あの日からの4年の間で仮設住宅が建ち並び、女川から瓦礫の山がなくなり、かさ上げされ、新しい駅が建ち、住宅も建ち始めています。
復興したんでしょ?
瓦礫なんてないのになんで我歴STOCKって名前なの?
って、たまに聞かれます。
聞かれたら現状を説明しますが、説明した後はなんか複雑だし悲しくなります。
まだ行方不明の方々もたくさんいます。

我歴STOCKを開催して、女川に足を運んでもらい、女川の今を見て欲しい…っていうのも我歴STOCKを開催するねらいです。

まだまだ建物がない女川ですけど、それを見れるのは今だけなんです。
半年後、1年後にはガラっと変わっていますからね(^^)

(初期メンバー会で中学生のようにはしゃいだのは内緒です♡)