すっかり更新が途切れてしまいました。

今回、皆様のご支援によって修復が行われる見台が、数日前、木曽の職人さんのもとへと旅立ちました。これからあちこち丁寧に見ていただき、最善の修復を施していただきます。

皆様へは、10月23日の国立演芸場での「女流義太夫演奏会10月公演」にてお披露目の予定でございます。

当日は、人間国宝・竹本駒之助が「嫗山姥」から「廓噺の段」を語ります。修復が終わった見台を使用いたします。

この公演は、義太夫協会の新しい企画公演シリーズとして、演奏だけではなく、人形との共演やゲストをお招きしてのトークなど、多角的に義太夫節を楽しんでいただこうという趣向です。

この回には立正大学教授・矢内賢二先生にお話しをしていただきます。

皆様、この秋のお披露目公演には是非ご来場ください。

新着情報一覧へ