~会員から・・・サポーターへ!!~ 沖縄ガールズスクエアサポーターの玉城よしのです。

 

「もっと話してみたい!」沖縄ガールズスクエアにはじめて足を運んだ2012年の年末、ガールズスクエア「サポーター」へ対する私の率直な答えがソレでした。こんなことができたら・・・でもどうやって・・・?はたしてやれるだろうか?そんな自分の「夢」「想い」を抱え、日々悶々と思い悩んでいたときに知った場所がガールズスクエアだったのです。サポーターの真摯な対応がよかった!キラキラしたまなざしに力をもらった!そしてシェアスペースの雰囲気がワタシ好みだった(笑)思わず心の中で(みつけた・・・)とつぶやきました。

 

でも会員として一歩を踏み出せたのがそれから半年後・・・「みつけたっ!!」と言った割には時間がかかったような気がしますが、その間「ここででやりたいこと!」の気持ち固め・・・というか!自分に必要な資格取得のために日夜猛勉強、家族との話し合い、「想い」を「現実にするためのシュミレーション」を重ね・・・そんなことで頭がいっぱいになり・・・またもやサポーターへ連絡。その気持ちを正直に伝えると「一緒に考えましょう♪一人で悩むよりきっといろんなアイディアが生まれると思います!」と一言。その言葉でまた一歩前へ歩き出すことができたのです。怖がらずに・・・こんどこそ会員として♪

 

「女性やママたちのコミュニケーションの場と情報交換の場づくりを!!」がそのときの私のテーマでガールズスクエアでは、同じママ仲間の女性の講師さんを迎えたり、ときには私自身が講師となって育児情報や女性自身がスキルアップできるような、たくさんおしゃべりしてリラックスできるような場をランチ会とあわせて企画してきました!そのとき参加していただいた女性との出会いや、会の後かけてもらう言葉に力をもらい、また一歩前へ進むことができたのです。もちろんサポーターに日々話を聞いてもらい案を出し合い、協力してもらいながらの日々。(どんなに心強かったか!!)毎回毎回「反省」の繰り返しではあったけれど・・・一歩を踏み出せなかったあのときよりも「反省できるこの場所に出会いに感謝」その気持ちは今でも変わっていません!

 

そんな私のガールズスクエアでの活動や想いがこの場のコンセプトと重なり、ガールズスクエアのサポーターとしても歩き出すことになったのがほんの2ヶ月前。まさに反対の立場になった今も、一年前一人で思い悩む日々があったからこそあのとき初めて出会ったサポーターが私に勇気をくれたように今、会員さんとのコミュニケーションを何よりも大切に「一人ひとりの可能性」に心から向き合っています・・・。

 

そこで必ずといっていいほど直面してしまうのが「託児」と「キッチン」が完備されていないこと!!この二つがクリアされれば、もっと多くの女性の夢が現実に、日々「反省しながら前へ進むことができる」のにと悔やまれてしかたありません。当初、私が会員としてガールズスクエアを利用していたときも料理実演ができないことでなくなくやめてしまった離乳食の講座や、どうしても子どもの預け先がなく参加できなかったママたちが大勢いらっしゃいました・・・。安心して預けることのできるスペースと知識・経験のある保育士さんのいる託児ルームをぜひ!作ってほしい!!!私を含む多くの女性やママたちの「前へ進むための現実の声」をどうか聴いてほしい!

 

ここに思いを綴らせていただいた私も子を持つ母であり、夢をもった一人の人間です。
女性だから?母だから?子どもがいるから?そのことが理由で夢をかなえられないなんてそんなことは考えたくない!!女性だからこそ!母だからこそ!子どもに恵まれたからこそ!生まれてくる想いがあるんです・・・。
「やりたいことを現実にしたい」私たち一人ひとりも自身の足で歩いていけるよう努力を重ねてまいります。私たち女性が力を注ぐための「2つの願い」をどうか皆さんのお力で応援していただけますことを心から願っています・・・。

 


 

新着情報一覧へ