ゴスペルfor3.11実行委員会のクラウドファンディング担当、石井です。

 

1月も終わりますが、温かくなったり、寒さが戻ったり、巷ではインフルエンザが流行っていたりと、体調管理がむずかしいですね。

 

そんな中、今週末に第2回のワークショップが開催されます。

 

第1回では、初めて参加の方もいらっしゃって、ドキドキされたことと思いますが、ワークショップは全2回ですので次は3/11の本番となります。

今回のほうがドキドキしている方も多いのではないでしょうか?

なにしろ、今回で仕上がらないともう皆で集まって練習できるのは本番直前のリハーサルしかありませんから、なにかと体調管理がむずかしい中ではありますが、皆さんが無事参加できますよう祈ってます。

Johnさんも当日午前中は、とある病院の小児科に慰問に行かれてからのワークショップ開催と、ますます精力的に活動されています。

 

さて、実行委員会の方も準備が佳境に入ってます。

個人的には初体験のことが多いので、新鮮な驚きの連続です。

たとえば…、

チケットの販売をプレイガイドに委託しに行ったら、契約書を交わすことになり緊張してみたり。

南筑高校の生徒の皆さんがボランティアスタッフとして参加してくれたり!

Johnさんの主催しているJLファミリークワイヤからは、関東、関西からも応援に駆けつけてくれるそうです。

いろんな雑誌のイベント欄に掲載頂けたり、西日本新聞から取材を受けたり。

それから今回のチャリティコンサートの募金先であるオペレーションブレッシングジャパンにまで、コンサートに来ていただけることとなり、宣伝までしていただいて、もはや支援してるのがどちらなのかもわからなくなってきました(笑)

「手を取り合ってのチャリティ活動!

 なんか勇気貰いました。

 21世紀の地球はすてたもんじゃない 」とはうちのメンバーの声です。

 

ゴスペルfor3.11を通して、いろんな方とつながる機会を得てます。
たいへんね、と声をかけられることもあります。

でも、全然たいへんではないんです。

だって、助けてくれる人たちはいっぱいいるし、

今もどんどん増えていって、たくさんの元気をいただいてます!

 

Tシャツももうすぐ出来上がってお披露目できるかと思います。

本番当日、皆さんにお会いできるのが、ほんとうに待ち遠しいです!

新着情報一覧へ