プロジェクト概要

 

んなで環境問題を考えよう!「第1回カーボンオフセットラン」を開催し、
多くの日本人が「白檀(=サンダルウッド)の植林事業」に貢献できる機会を!

 

初めまして。「Green Earth Project 」の吉川智子と申します。幣団体は、植林への志を持つ仲間と共に2014年よりCO2を削減する環境に優しい「白檀(=サンダルウッド)」の植林事業を行っています。こうした活動を通じて、日本の皆さんに環境問題について知っていただくことで持続可能なエコ活動ができる人をひとりでも増やす啓蒙活動をしています。

 

「Green Earth Project 」のメンバーたち
代表YUKI(上段左)、吉川智子(上段右)、奥田健文(下段左)西田真美(下段中央)、辻柿裕基(下段右)

 

 

この植林事業は、地球温暖化の影響により未来の私たちや地球環境が危ぶまれる状況の中、代表YUKIとともに日本で開始しました。きっかけは、YUKIが10年前、南米のアマゾンに40年住んでいるおじいさまと出逢ったとき、 「アマゾンの森は日本の企業がダメにしたんや。 あなたみたいな若者は木を植えて儲けるというビジネスをしなさい。」 と言われたことでした。

 

しかし、立ち上げ後はトラブルが続出…… 数年間奔走している中、2011年にマレーシア人の植林会社の人と出会いました。そこから今の仲間と共に、10年かけて今の持続可能な植林事業に繋がっています。

 

私たちは今回、新たな啓蒙活動の一環として、2017年9月30日 (土)に「第1回カーボンオフセットラン」というマラソン大会を神戸で行うことを決めました。これは、地球環境や白檀植林活動を少しでも多くの人に知ってもらいたい!という想いから、今大会の参加費用を「白檀植林活動」と「環境教材」に充てる参加型の社会貢献プロジェクトとなっています。

 

この記念すべき「第1回カーボンオフセットラン」を行うには、運営に150万円を必要としています。どうか、皆さまの温かいご支援をお願いいたします。

 

マレーシア植林地ツアーにて①
白檀のプランテーションの視察時の写真

 

のままでは地球が危ない。

マラソンに参加することでCO2削減に貢献し、みんなで緑の地球を取り戻しませんか?

 

近年、異常気象による災害が増え、農作物の栽培にも⼤きく影響している地球温暖化問題。近代化が始まってからの地球の平均気温は年々上昇し、このままいくと一気に、右肩に上がりになると推測されています。

 

「地球の気温はこれからどうなるの?」

 

そして、その温暖化による影響も受けている中で、

 

◼︎毎年600万ヘクタールの農地が砂漠化

◼︎年間、約2000万ヘクタールもの森林地帯が消滅

◼︎毎時間少なくとも、1種類の生物が絶滅している

 

上記は、温暖化の影響により起こっている問題です。そして、21世紀の末には、日本の真夏日は今の2〜6倍になるとさえ予想されています。(下記写真参考)

 

「日本の真夏日の日数はどうなるの?」

 

また、世界ではパリ協定発行に伴い大きく動き始めており、日本も国レベルで二酸化炭素を削減していく必要があります。 場合によっては、私たちにはこれから炭素税が課せられる可能性もあると言われています。(CO2を出していることに対する税金が課せられる)

 

昨年、フランスで合意された「パリ協定」(地球温暖化防止を目指して、温室効果ガスの排出についての2020年以降の各国の取り組みを決めた国際的なルールのこと。)の内容は全体の目標として以下の方向性を打ち出しました。

◼︎世界の平均気温上昇を2度未満に抑える

(1.5度に抑えることが、リスク削減に大きく貢献することにも言及)

◼︎世界全体で21世紀後半には、人間活動による温室効果ガス排出量を実質的にゼロにしていく

 

この目標をクリアさせるために、「全ての国が排出量削減目標を作り、提出すること」「その達成のための国内対策をとっていくこと」も義務付けられたのです。

 

各国で定められた私たちの課題

 

酸化炭素を削減できる「白檀(=サンダルウッド)​」は絶滅危惧種と指定されていた。

人工栽培に成功した今、植林活動を活発化させたい。

 

私たちが植林活動として使用しているのは、二酸化炭素を減らせる植物として知られる「白檀(=サンダルウッド)」です。世界保健機関WHOの発表によると白檀は同じサイズの他の樹木と比べ「7倍の酸素をだして、5倍の二酸化炭素を吸収する」というデータが出ています。

 

「白檀」の写真

​​

白檀について

オーストラリア、南インド、太平洋諸島などの温暖な地域で生育する白檀は一般的な同じサイズの木と比べて、約7倍の酸素を輩出し、およそ5倍の二酸化炭素を吸収します。天然の白檀はかつて、赤道直下の地域に自生していましたが、伐採され尽くして、1973年にはWHOの絶滅危惧種に認定されました。白檀は自然に発芽せず、発芽から苗に育てるまでも特殊な技術を要します。また、その苗木もハーブなどの寄主植物が必要になります。そして、寄主植物もハーブを数種類、その他ハイビスカスなど白檀の成長に合わせて植え替えていきます。そこまで手をかけて7~10年で成木する植物です。

 

現在、この白檀を育成している会社がオーストラリアにありますが、成木までに20年かかっています。一方、東南アジアのマレーシアにあるTGV社(国連で植物保護分野の正式メンバー)は、気候条件が良いため7年~10年で成木でき、現在マレーシア政府による年間約3000万円の支援を受けて植林を展開しています。

 

私たちは、このTGV社と共に白檀の植林活動を進めています。これまで、人工による白檀の発芽は不可能とされてきましたが、2009年にマレーシアのダトーセリ氏によって人工による発芽、生育する方法を見い出されました。

 

ただ、白檀は香木として、また高級エッセンシャルオイルとして有名で高級植物であること、そして発芽、生育までに特殊な技術が必要なことから、白檀を1本植えるのに、人件費、管理費など込みで約10万円以上かかります。これは、今回のマラソンチーム10チームの参加で1本植えられる計算です。だからこそ今回、マラソン大会を通して、みんなで楽しみながら環境への意識を持ってもらい、 参加費用を植林活動に使わせてもらうことで、地球環境に貢献したい!と考えました。

 

成長している3年目の「白檀」

2 017年9月30日(土)に「第1回カーボンオフセットラン」を開催します。

 

 

今回、地球環境を守るべく、多くの人に白檀を知ってもらい、植林活動をすすめるべく「第1回カーボンオフセットラン」を開催します。マラソン参加費用は「白檀の植林」「環境教材」へ! 参加するだけで地球環境に貢献できるプロジェクトです。そして今回、私たちのプロジェクトに共感していただいた、マラソンのプロフェッショナルである「宮里康和プロ」にも、当日のマラソン大会に参加していただき、共に盛り上げていきたいと思います。

 

【宮里康和プロ 実績】
2000年 福知山マラソン最年少優勝
2009年 IAU100kmワールドカップ優勝

2013年 大阪ハーフマラソン優勝

2014年 50km世界選手権 日本代表 ほか受賞歴多数

他にも、運動・栄養・休養の充実により健康寿命を伸ばす!という理念の基、ランニングレッスン、栄養講座、メンタルボデーケア等、幅広く実施。

<Total Sports>http://http://t-sports.jp/staff.html

 

 

 

<日時>

2017年9月30日(土)

<場所>

神戸みなとの森震災復興記念公園

 

神戸みなとの森震災復興記念公園

​​

<部門>

①ファミリーフレンドマラソン(4,6km)

1チーム 2人〜10人

②フルリレーマラソン(42,195km)

1チーム 2人〜10人

〜計測あり〜

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
環境活動に熱心なマレーシアのナイトランの様子

 

<参加賞>

●全員にエコバッグプレゼント(協賛 tell6 グループ)

●抽選及びゲーム大会にて マレーシア市内観光及び植林見学ツアーご招待 、有馬温泉ご招待 ほか

 

<参加費>

① 1チーム 10,000円

② 1チーム 12,500円

 

<タイムスケジュール予定>

①ファミリーフレンドマラソン(4,6km)

9:15 開会式

9:30 スタート

11:00 終了

11:30 表彰式

12:00~14:30 イベント&抽選会

★ライブ『笑おうよ』

★ECOオーガニックマルシェブース (10:00-17:00)

13:30~14:30 受付開始

 

②フルリレーマラソン(42,195km)

15:00 開会式

15:30 スタート

19:30 表彰&閉会式

 

マレーシアでは、夫婦や家族同士でナイトランに参加しています

 

本人は環境意識が低い!と言われたくない。

このプロジェクトを皮切りに持続可能な環境活動を!

 

白檀の植林活動は、中国や台湾などの華僑の方々が中心となって、この4年間で約30万本の白檀が植林されてきました。しかし、日本はその中で数百本のみの植林状況です。

 

日本は先進国でありながら、他国よりも環境意識が低いと言われています。だからこそ、私たちは少しでも多くの日本人に環境に関心を持っていただき、行動に移せる人を増やしたいと考えています。

 

年齢、性別、老若男女問わず、気持ち良い汗をかき、楽しみながら「環境」に関心を持ってほしいです。また、「エコ」とは何か考え、家族や仲間と思い出を共有することで、日常からできることを実践していく人の輪が広がることを願っています。

 

こうした環境イベントが定着されるために、まずは皆さまのお力もお借りして「第1回カーボンオフセットラン」を成功させたいと思っています。

 

どうか、持続的な「カーボンオフセットラン」の開催に向けて温かいご支援をお願いいたします!

 

マレーシア植林地ツアーにて②
白檀のプランテーションの視察時の写真​

​​

◆リターンについて◆

今回ご支援いただいた皆さまには、白檀(サンダルウッド)がどんな商品があるのか?を、より知ってもらえるよう、エッセンシャオイル・サンダルウッドティー・サンダルウッドソープなどの日常的にお使いいただける商品をお送りします。また、白檀の木、植林地視察ツアーもご用意しておりますので、この機会に是非ご参加ください!

 

​​


最新の新着情報