READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

ハーフや海外ルーツの人々の情報発信・共有の場をつくりたい!

HAFU TALK PROJECT TEAM

HAFU TALK PROJECT TEAM

ハーフや海外ルーツの人々の情報発信・共有の場をつくりたい!

支援総額

790,000

目標金額 500,000円

支援者
100人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
7お気に入り登録7人がお気に入りしています

終了報告を読む


7お気に入り登録7人がお気に入りしています
2018年06月19日 09:00

【番外編】北大阪で「We are 親戚!」を叫ぶ

 

 

このたびの大阪北部を震源とする地震により被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

 

 

日本語に不慣れなハーフや海外ルーツ、外国人の方に非常時に必要なニュースやアナウンスが十二分に伝わらない事態に、そして、根も葉もない流言蜚語(デマ)が被災時に飛び交う現状に、HAFU TALKプロジェクトメンバーの1人として、心を痛めております。

 

被害と余震への不安のなかで、なかなか心も体も休まらない方も大勢おられるかと思います。

 

かくいう自分は、散らかった家の後片付けがぜんぜん終わっておりません。

 

もっと備えておけばよかったと後悔しながら、まだ使っていないのにバキバキに割れてしまったお皿たちを片付け、倒れたタンスを元へと戻したぐらいで、1日が終わってしまいました。

 

 

 

 

「1歩ではなく、半歩から。」

 

 

 

半歩から始まる対話の糸口を探し、ハーフや海外ルーツの人々を結ぶメディアとして、現在、動き始めたHAFU TALK。

 

小さなメディアなりに、できることを考えながら走り続けたいと考えております。

 

 

私の好きなDJの1人に山本シュウさん(別名レモンさん)という方がおられます。

 

NHKの有名番組『バリバラ』に出られる以前の、ラジオFM OSAKA(現在のFM OH!)の番組に出られていたころから、好きなフレーズがありました。

 

 

「We are 親戚!」

 

 

困ってる人がおったら、あたかも自分がその人の親戚であるかのように、一緒に考えようぜ! そんなニュアンスで、彼の言葉を受け止めてきました。

 

いまこそ、必要なのは、この「We are 親戚!」モードで、目の前の出来事と向かい合うことなのかもしれません。

 

具体的に、自分たちに、何ができるのか。 しっかりと、考えたいと思います。 引き続き、どうぞよろしくお願い致します!

 

ケイン樹里安

 

一覧に戻る

リターン

3,000

【プロジェクトメンバーからありがとう】

・お礼のメール
・サイトにサポーターとしてお名前を掲載(個人名のみ)

支援者
57人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年8月

10,000

【メッセージ&特別リーフレット】

・お礼のメール
・サイトにサポーターとしてお名前を掲載(個人名のみ)
・多文化・多様性・ハーフの現状に関する特別リーフレットを送付

支援者
37人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年8月

30,000

【特別リーフレット&ご希望の記事掲載&あなたへのインタビュー】

・お礼のメール
・サイトにサポーターとしてお名前を掲載(個人名のみ)
・多文化・多様性・ハーフの現状に関する特別リーフレットを送付
・ご希望の記事を掲載します
知りたいテーマや、あなたのインタビュー記事など

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年8月

50,000

【特別リーフレット&ご希望の記事掲載&あなたへのインタビュー】

5万円
・お礼のメール
・サイトにサポーターとしてお名前を掲載(法人様も可)
・多文化・多様性・ハーフの現状に関する特別リーフレットを送付
・ご希望の記事を掲載します
知りたいテーマや、あなたのインタビュー記事など

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年8月

プロジェクトの相談をする