2017年10月14日(土)10時から12時、「はたらく手帳」開発ワークショップを実施しました!
寄付者含め、就活者、就労支援者、一般社会人、合計12名にお集まりいただきました。

 


今回のゴールは、「はたらく手帳」の必要性の本質的課題を発見する。
ついつい、私たちは、「問題意識」に目が向いてしまいがちですが、「人」ではなく「事」にフォーカスをあてて、
企業と就活者の中にどのような課題が隠れているのか、お互いの立場を活かして話し合いました。
そのうえで、実際の「かたち」にするアイデアをブレーンストーミングで出し合いました。
A 手帳を+αして使い続けられる【追加型】
B 自分らしくカスタマイズはたらく手帳 【カスタマイズ型】
C 敵を知り己を知れば、百戦危うからず手帳【武士型】

 

上記のテーマだけでは何か分からないですよね・・・。
・しっかりコミュニケーションが取れる場づくり
・「人柄」を表す
・エネルギー、ストレス管理ができる
といったことが「はたらく手帳」に折り込みたい機能として出ました。
向う一カ月間、就活者中心の実務チームでアイデアを具体的にもんで、11月11日(土)の第2回ワークショップで、実際に試すことができたらと思います。