秋保大滝の構造物を建設するための現場検証、打ち合わせ。

 

先日、12月より着工予定の秋保大滝の構造物建設のための現場検証と打ち合わせを行いました。

 

工事を担当してくださるのは、秋保の石屋さんである「みかげ家」の岡崎さんです。

 

秋保大滝の構造物は、純粋に縮小したものではなく、眼鏡橋をモチーフにした秋保ヴィレッジガーデンのオリジナルデザイン。

使用するのは地域資源である秋保石です。

 

この構造物を建設するための土木工事から着工します。構造物といってもあくまでも植物を活かすものであること。また、耐久性も考慮し、安全であることに留意して。

 

秋保ヴィレッジガーデンの象徴的な存在として、成長してくれれば嬉しいです。

 

この日は、東日本放送の報道プロデューサーの方に取材していただき、非常に有意義な打ち合わせとなりました。

 

秋保地域には貴重な技術をもった人的資源も豊富であることを改めて感じました。

 

これから。とっても楽しみです。

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています