プロジェクト概要

 

関わる人を幸せにしたい。そんな熱い思いを持ったセラピストたちをサポートしています。

 

ページをご覧いただきありがとうございます。広島臨床リハビリテーション講習会の山本 典弘と申します。私は現在、脳神経専門の急性期病院で理学療法士として働いています。


同じ職業でも、なりたいセラピスト像は人それぞれだと思いますが、「患者さんを含め、関わる人々すべてを幸せにしたい」という想いは共通して持っているのではないかと思います。

このような熱い想いを持ったセラピストの方たちの力になりたいという思いから、この団体は発足しました。
 

私たちは、中でも学ぶ機会の少ない広島県で、講習会の開催を続けてきました。しかし、都会と比べると給与ベースが高くないため、参加費を抑えて運営していますが、継続していくのが苦しい状況です。

 

そこで、この活動を今後も続けていくために今回のプロジェクトを立ち上げました。皆さまのご支援をお願いいたします。

 

講師の方の技術を目の前で見ることができます

 

 

日々アップデートが必要な分野だからこそ、学べる機会の格差をなくしたい。

 

なぜ、このような講習会が必要かというと、私たちの仕事は、日々アップデートをしていかなければならないからです。そうしないと、医療の世界は日々研究が進められているので、昨日までの常識が通用しないということが生じてしまいます。

 

また、人間の身体は人それぞれ違います。それと同じように、症状も人それぞれ異なるので、様々な角度からの見方や考え方を取り入れる必要もあるのです。

 

そのため、近年ではリハビリテーションの知識、技術を学べる場が都心を中心に増えてきています。しかし、広島で理学療法士をしている友人から、広島では、「講習会をあまり実施していないので、わざわざ大阪や福岡まで行っている人が多い」という話を聞きました。

 

私も実際訪れてみて、広島をはじめとした中国地区には、しっかりと新しい情報を学べる場が少ないと感じました。大阪や福岡などの都市へ出れば参加は可能ですが、移動時間や交通費の負担は決して楽なものではありません。そこで、広島を中心とした中国地方で、しっかりと学べる機会を作りたいと思い、この活動を始めました。

 

座学を真剣に聞く受講者の方たち

 

最近では、安さを売りにしているものや、オリジナルテクニックと称してコース受講させて、高額な費用を請求している団体も見受けられます。

 

しかし、安くても内容が充実していなければ、お金も時間も無駄になってしまいます。また、地域よって、給与のベースにも違いがあります。そのため、腕のある講師の方を招いて内容の質を保ちつつ、適正な受講費で継続していくことを大切にしています。

 

 

講義の内容

 

この講習は、医療従事者(コメディカル)を対象に、知識・技術の向上を目的とした内容を学ぶことができます。全国各地で活躍されている著名な先生方を講師として招いていますので、普段聞く機会の少ない、専門的な講義を受けることができます。

 

講習自体は、少人数で行いますので、アットホームな雰囲気で、講師の先生への相談や、受講生同士での情報交換の場としても活用していただいています。

 

対象は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、柔道整復師、鍼灸師と言った医療系国家資格取得者がメインとしていますが、整体師、トレーナー、ボディワーカー等やそれらについて勉強している学生さんも参加していただけます。

 

 

■今後の開催スケジュール■

 

・2017年12月  3日(日) 小林純也先生(5,000円)

『脳卒中患者だった理学療法士が伝えたい、本当の事』

・2018年  2月25日(日) 塚本建志先生(6,000円)

『腰部・骨盤帯の機能解剖 ~理学療法評価と治療~』

・2018年  3月18日(日) 樋口貴広先生(9,500円)

『内容調整中』

・2018年  4月22日(日) 今西里佳先生 

『内容調整中』

 

※上記日程以外は現在、講師の先生と調整中です。決まり次第、順次更新をしていきます。

 

会場:2017年開催『広島県健康福祉センター』

2018年開催『広島県健康福祉センター』、『広島リゾート&スポーツ専門学校』を併用

 

講習は、実践を交えながら進めていきます

 

 

学びたい人が適正に学べる場を提供し続けたい。

 

このプロジェクトを通じて、まずは講習会を継続して実施していきたいと考えています。

 

そして、向上心を持った人たちが学べる場を提供していくことで、医療従事者の知識と技術を向上させる力になれたらと思っています。1人でも多くの人が講習に参加できるよう、皆様のご支援をお願いいたします。

 

私たちもより良い情報を届けられるよう努めて参ります

 

 

■資金使途■

いただいたご支援は、講習会開催のために必要な会場費、講師への謝礼等の一部として大切に活用させていただきます。

 

 

 


このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)