ホハルは再開から3ヶ月が経ちました。

再開の早かったホハルは炊き出しの場所提供など、様々な方に活用をしてもらっています。炊き出しやボランティアの中には、びっくりするようなゲストがくることもあります。いまの真備町には助け合うという大切な学びがあります。ホハルの子どもたちにとって、一緒に働く良い経験をさせていただいてます。

 

Man with a mission の東京田中さんと
Man with a mission の東京田中さんと

 

 

少しホッとする日常

平日は少し落ち着いて過ごせるようになりました。新しい子どもも増え、子どもたちだけのゆっくりした時間が流れています。こんな時は大人もホッとします。これも本当に皆様のおかげと、日々感謝しております。

 

いつものホハルに戻りつつあります。

 

作ってしまったフォトブック

Ready forのリターンはもう少し早く完了する予定でしたが、高額支援者への写真作品が決められずに時間がかかってしまいました。被災時に撮った写真はどれもが被災地の空気感を伝えており、どうしても1枚に絞ることができませんでした。

そこで、誠に勝手ながら、フォトブックとしてお届けすることにしました。予定より費用もかかってしまったのですが、一人でも多くの方にお伝えしたく、わがままをお許しください。ここに少し紹介させていただきます。

 

これでリターンの品はほぼ全ての皆様にお届けできたかと思います。もし、まだ届いていないという方がいらっしゃいましたら、手違いがあるかもしれませんので、ご連絡をください。

 

これまでReadyforでいただきましたご恩は、真備町の子ども達に返していきたいと思います。お時間があるときなど、ホハルのFacebookで活動を見ていただき、末長くお見守りいただけたら嬉しいです。

この度の皆様のご支援、本当にありがとうございました。

 

ホハル一同

 

ホハルのFacebook

 

 

 

新着情報一覧へ