こんにちは。

クラウドファンディングをはじめて1週間が経ちました。あっという間の、濃い1週間でした。

さっそくご支援もいただきありがとうございました。実現したい、と強く思いました。

とはいえ、はじまったばかり。まだまだがんばります!

 

本を売ることはあっても、作ったことはなかったので、学ぶことの多いことばかりです。

先日、お願いしていた見積りが戻ってきたので、具体的な数字を見てみたいと思います。

造本に関して、いま考えているのは布装(40年くらい前の函入りの文学本なんかに多かったですね。最近では、夏葉社さんの『昔日の客』などで採用しています。)にすることです。カバーと帯はつけません。(なんで布装なのか、はまた後程。)

そうすると、

●本文を普通紙のランク上(テイクGA)の場合
64p:約123万(税込)
48p:約120万(税込)

●本文を高級紙(ミセスB)の場合
64p:約140万(税込)
48p:約136万(税込)

 

とのこと。これに印刷費。1000部刷る予定。

64ページにしても48ページでもそれほど変わらないんですね。

これ以上高くなるようなことはないと思います。

他の経費としては、デザイナー、編集者への謝礼として、20万円ずつでお願いしたいと思います。負担をかけて、仕事はしたくないので、ちゃんと謝礼はしたいと考えています。とはいえ、仕事にかかる時間からすれば安いとは思いますが。

また、ご支援いただいた方へのお礼や郵送費も計上しなくてはいけません。10万円。

READYFOR?への手数料17%。300万を集めると、51万をお支払いすることになります。

なので、総予算としては249万円となるのです。

ということで、残りの予算はできるだけ写真家へ回したいと思います。撮影費、プリント代、交通費など、いろいろかかります。こちらも、安いです。

以上、悩ましい予算でした。

ざっくりしたものなので、これからの編集会議でどんどん詰めて、ブラッシュアップしていく予定です。

ぼくも驚くことばかり。写真集作るのって大変ですね…。でも、楽しいです!!

 

 

 

 

新着情報一覧へ