READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

カンボジア人ブライ君のガイドになる夢のために日本に招待したい

古谷 茉美

古谷 茉美

カンボジア人ブライ君のガイドになる夢のために日本に招待したい
支援総額
501,000

目標 500,000円

支援者
22人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
1お気に入り登録1人がお気に入りしています

1お気に入り登録1人がお気に入りしています
2014年05月20日 00:04

スタディーツアーについて

こんばんは!

 

本日の更新では、私たちHUCREFが夏休み・春休みの休暇中に行うスタディーツアーについて説明させて頂きます!

スタディーツアーでは、飛行機・滞在先・現地での行程等、全てを自分たちでコーディネイトしています。

自分たちで決めるからこそ、自分たちの希望の場所に行けるし、何より普通のツアーより安く行けることも魅力です。

 

 

スタディーツアーの目的は大きく分けて次の3つです!

(1)現在進行中のプロジェクトの現地調査等を行う

(2)HUCREFの新メンバー or 外部から集まった大学生に、カンボジア・CIFTOの魅力をより多くの人に知ってもらう

(3)新しいプロジェクトの源泉を探す

 

 

現在HUCREFでは、

①「ホームステイ」プロジェクト

②"日本の大学生に直接カンボジアに足を運んでもらい、人生における貴重な体験をしてもらうお手伝いをする”ことを理念にフリーペーパー作成や広告などを行う「広報」プロジェクト

(※過去に作成したフリーペーパーについてはこちら→http://libura.com/viewer/1j32pbmmsqg1/ )

の2つを行っています。

 

スタディーツアーでは、主にこの2つのプロジェクトについて、現地でのヒアリング調査や取材活動などを行っています。

もちろん、現地での体験を通して得た問題意識を元に、新しいプロジェクトを立ち上げることもあります。(この「ホームステイ」プロジェクトもその1つです。)

 

また、CIFTOに(3泊〜5泊程度の短期間ではありますが)滞在して、ボランティア活動なども行わせていただいています。

CIFTOはとても居心地がよく、時には村人の方のお家へホームステイもコーディネイトして頂くなど、とてもお世話になっています。

何よりもCIFTOに英語や日本語を学びに来る子どもたちとの交流は、他の何にも代え難い経験です。

 

(CIFTOの生徒たちとの集合写真です!上段中央の方が、CIFTOの代表者、ダラーさんです!)

 

だからこそ、CIFTOに何か恩返しをしたい、その中で本プロジェクトも考えました。

 

HUCREFのメンバーになる人は、「カンボジアに行ってみたい・興味がある」という人が大半です。だからこそ、実際に現地へ行ってみると、日本では得られないような経験、人との繋がりを実感して、帰国後もより活動に身が入るのではないか、と確信しています。

 

(帰国後は、メンバー同士で感じたことや経験の共有を行います!)

 

 

早いもので、今日でプロジェクト開始から1週間が経ちました。

まだまだ目標金額には足りません。ご支援のほど、どうぞよろしくお願い致します。

一覧に戻る

リターン

3,000

1)お礼状
2)CIFTOグッズ(ミサンガ等)

支援者
7人
在庫数
制限なし

10,000

1)、2)に加えて、
3)日本人観光客に人気の雑貨店、「クマエユーン」さんの雑貨セット
(ヤシの実でできた像のコースター、竹製ペンスタンド、シルクのポーチ・
カードケース・洗顔ミトン&ケース、スカーフ、石けんセットの以上8点から
2点)

支援者
11人
在庫数
制限なし

30,000

1)~3)に加えて、
4)「ブライ君チョイス」のカンボジアお土産品
(「キッチン用品」「バス・洗面用品」「文具類」「衣類(ストール・シャツ等)」からジャンルを1つお選び頂き、<応援コメント>欄にお書きください)
5)報告会ご招待券

支援者
4人
在庫数
制限なし

50,000

1)~5)に加え、
6)ブライ君の日本滞在中に「ブライ君とお会い頂ける権利」をご用意しております。

支援者
4人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする