皆さん、こんにちは。一騎討実行委員会です。

 

昨日、追加出場選手を発表させて頂きました。

 

なんと、サンボ界のトップ選手2名が「一騎討」参戦となりました。

 

全日本サンボ選手権を何度も制した菊地嘉幸選手(左)と、彼を知る者なら誰に聞いても「ヤヴァイよ!!」「優勝するんじゃない?」と言う超新生=峯望実選手(右)です。

 

「柔術」vs「サンボ」の頂上決戦だけじゃない!!

 

まさに「柔術」vs「サンボ」の頂上決戦と呼べる戦いが繰り広げられるとも言えますが、先日当コーナーでは「組み技日本一決定戦」と書いたわけですから、勿論これだけではありません。

 

まだまだ驚かせます。次なる王者クラスの選手とは?

 

まだ驚かせると思います。「柔術」「柔道」「サンボ」とくれば、次なる組み技競技は一体何か、そして、その王者クラスの選手とは一体誰になるのか?

 

もちろん、日本トップクラスの柔術家もまだまだ参戦する予定です。今後順次発表させて頂きますし、一次受付は今週末まであります。(開催が正式に決まれば)二次受付もあります。

 

現代版異種格闘技戦は組み技格闘技の威信を懸けた戦い!

 

皆様、これだけの戦いが実現する、観ることができるチャンスがあります。

これをむげに無くしてしまうのはあまりに惜しいと思いませんか? 

 

柔術界、サンボ界にとって、格闘技界にとって、大きな損失になると思いませんか?

 

それぞれの組み技格闘技にとっては威信を懸けた戦いです。選手にお祭りムードはないでしょう。そして「一騎討」がこれらの戦いを一般世間に、そして世界に届けたいと考えます。

 

「リアル天下一武道会」と面白がられ、好奇の目で見られてもよいと思っています。

 

武道や格闘技に興味ない人達の目を一瞬でも惹きつけることができれば御役御免でいいでしょう。あとは「一騎討」に参戦する一流選手達がそれぞれの試合で魅せてくれるはずです。

 

残り期間も迫ってくる中、ご支援頂くペースも鈍っており、一騎討実行委員会のメンバーも不安や焦りが徐々に増してきております。どうかお力添え、ご支援を賜りたく宜しくお願い申し上げます。