今日は「七宝(しっぽう)」です。


七宝文様は、4つの楕円が円形になるように配した日本の伝統文様です。

正倉院には、七宝文様があしらわれた絹地がいくつか残されています。奈良時代にはすでに使われていたと思われます。また、平安時代には貴族たちの装飾品に数多く使われていたようです。
多くの七宝文様は単体ではなく、幾つも繋がれているので、「七宝繋ぎ」とよばれます。ゆえに色んな種類がありますね。


たとえば、七宝の中央に花文が配されたも「花七宝」、七宝繋ぎのうち、七宝が部分的に欠けた意匠になっている「破れ七宝」など、他多数です。


重なった部分だけを見ていると花の形に、中心部分だけを見ていると星の形にも見える楽しくて不思議な文様です。それが、きものや帯の柄としてはもちろんのこと、インテリアや装飾品・日用品などのデザインとしても好まれ使われているゆえんなのかもしれません。生活の中でこの文様を探すのも楽しみの一つ。

 

七宝の円形は円満を表すことから、縁起の良い吉祥文様なのです。


七宝とは仏教の言葉で、金・銀・瑠璃(るり)・玻璃(はり)・珊瑚・瑪瑙(めのう)・硨磲(しゃこ)の宝物を意味します。円が四方八方または十字に広がることから仏教の7つの宝を表す‘七宝文’と呼ばれるようになったとのことです。


深い意味を持つ文様なんですね~。

 

新着情報一覧へ