今日は「とんぼ」柄です。

 

トンボは古くから『蜻蛉(かげろう)、秋津(あきつ)』と呼ばれ親しまれています。日本書紀にも古事記にも、トンボが神武天皇を助け、そのため大和の国を「秋津島」と名付けたという逸話が記されているほどです。

 

トンボは、俊敏に力強く飛び回り、前へ飛んで決して後ろへは下がらない習性があります。その事から、「勝虫」(かちむし)と呼ばれ、縁起のいいものとして、特に勝負にこだわる武士達に好まれていました。

 

それに(かっちゅう=甲冑)にも繋がるため、武将の兜や鎧、箙(えびら)刀の鍔(つば)などの武具、陣羽織や印籠の装飾に多く使われていたようです。勝って帰るという意味なんですかね。

 

だから、今も剣道の用具周辺などに良く使われている文様なんです。

 

でもこのトンボの柄、浴衣などに使われることも多く、季節感たっぷりで涼しげでですよね。

勝負よりその方が今となっては価値がある?のかな。

 

新着情報一覧へ