「桧垣」(ひがき)文様


檜の薄板や竹、葦などをうすくして編んだものを網代といいます。

檜の薄板を網代のように斜めに組んだ垣根を文様化したものが桧垣文様です。

幾何学的な構成は、帯や小紋の柄に多く用いられてきました。

檜垣に菊唐草を散らしたり、梶〈カジ〉の葉をあしらったものなど、様々な表現がありますね!

新着情報一覧へ