READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

イラク本土から避難してきた子どもたちの学校を建設します

大谷航介(認定NPO法人IVY)

大谷航介(認定NPO法人IVY)

イラク本土から避難してきた子どもたちの学校を建設します

支援総額

1,543,000

目標金額 1,500,000円

支援者
84人
募集終了日
2015年10月15日
プロジェクトは成立しました!
14お気に入り登録
14人がお気に入りしています

14お気に入り登録
14人がお気に入りしています
2015年10月13日 11:27

IVYイラク事務所より、現地スタッフ3人のメッセージ

 

このプロジェクトに協賛してくださる方、応援メッセージをくださる方、プロジェクトの拡散をしてくださる方々、いつもありがとうございます。山形の事務局より、野口です。

 

プロジェクト募集期間の終了がいよいよ間近に迫ってきました。

今回新着記事にアップするのは、アルビル県クルド自治区より、IVYのスタッフ3名、ディナ、シーラン、大谷のメッセージです。学校建設の現場より、現地のありのままの状況と、このプロジェクトに込めるスタッフの気持ちをお伝えします。

 

 

https://youtu.be/OnYvKaNFbIg

 

「私たちは、NGOとしても、個人としても、彼らを支えるために全力を尽くしています。それでも十分ではありません。」(プロジェクトコーディネーターアシスタント、ディナ)

 

「最も大きな問題は、子どもたちから教育を受ける権利が奪われていることです。教育なしで、子どもたちにどんな未来があるでしょうか。」(プロジェクトコーディネーター、シーラン)

 

「日本もかつてそうだったように、平和になった後、何もないようなところから復興していくためには、教育の力というものが不可欠になってきます。」(プロジェクトマネージャー、大谷)

 

 

 

イラク国内避難児童の学校建設に賛同いただき、協力してくださる方が少しでもいてくださることを願っています。泣いても笑っても、私たちに残された時間は、10月15日(木)午後11:00 まで。この間にあと、20万円をどうしても集めたいのです。

 

みなさまからご支援頂いた支援金の使用用途は、小学校建設資金の一部に充てさせて頂きます。現在、ラストスパートということで、今、事務局一丸となって頑張っています。

 

あきらめずに最後まで駆け回ります!ご協力お願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

山形から国際協力の必要性を発信する、「IVY」とは?明日、10月15日夜11時まで挑戦!
一覧に戻る

リターン

3,000

◆ 新校舎と子どもたちの写ったポストカード

支援者
45人
在庫数
制限なし

10,000

◆ 子どもたちによる手作りサンクスカード 
◆ ニュースレター 1回分
◆ ビデオレター

支援者
30人
在庫数
制限なし

30,000

◆ 子どもたちによる手作りサンクスカード 
◆ ニュースレター(1回分)
◆ ビデオレター
◆ イラク製ピスタチオトフィー

支援者
9人
在庫数
制限なし

50,000

◆ 子どもたちによる手作りサンクスカード 
◆ ニュースレター 1回分
◆ ビデオレター
◆ イラク製ピスタチオトフィー
◆ イラク製箱詰めお菓子セット

支援者
4人
在庫数
制限なし

100,000

◆ 子どもたちによる手作りサンクスカード 
◆ ニュースレター 1回分
◆ ビデオレター
◆ イラク製ピスタチオトフィー
◆ イラク製箱詰めお菓子セット
◆ イラク製手作りバック
◆ 敬意と感謝をこめて、正門に立てる銘板にお名前を掲載させていただきます。

支援者
3人
在庫数
制限なし
プロジェクトの相談をする