READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

それぞれの個性に合わせた保育を。東京都江東区に療保園を設立!

大久保遥

大久保遥

それぞれの個性に合わせた保育を。東京都江東区に療保園を設立!

支援総額

1,216,000

目標金額 1,200,000円

支援者
44人
募集終了日
2020年6月30日
44人 が支援しました
プロジェクトは成立しました!
6お気に入り登録6人がお気に入りしています

終了報告を読む


6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2020年06月01日 09:03

私が施設設立に至った理由

さて今日は私がなぜ児童発達支援施設設立を作ろうと思ったか…
設立に至った経緯をお話ししたいと思います!

 

私自身の特性 ~幼少期~

幼少期の私は1度ハマってしまったら、ディズニー映画ならセリフを全編丸暗記できるほど、同じものをひたすら見続け、好きな服を着続け、さらに工作や製作では、折り紙の角はきれいに揃えたいし、何をするにも細かいところにこだわりを持ち揃っていることに美学を感じていました!w

家族や周りの人は割と理解があり、興味を持ったものを与えてもらってましたし、特に祖母はそんな私を「頭がいい子だ」と褒めて褒めて育ててくれました。こだわりがちょっと強めだからと言って特段困る事もなく生活をしていました。

 

しかし、そんな幼少期の私にとって、とても悲しかったことがありました。
私は両親が共働きだったため、保育園に通っていました。
4歳児…トンボ組の時でした。

~*~*~

その日は紙粘土を使った工作でした。数日前に紙粘土で形を作り、乾かしてあったものに色を塗る日でした。
星の形を作った私の紙粘土の作品もちゃんと乾いていて、きれいに黄色に塗るんだ!と決めていました。

数人のグループで絵の具をシェアして、紙粘土に色を塗っていきます。
紙粘土の凸凹の部分、くぼみの部分、筆を使って、細部まで黄色い絵の具を塗っていました。しばらくすると、終わった子たちが筆を片付けて遊びに入っていきました。
それでも、私は集中して満足のいくクオリティーに達していない目の前の星をひたすら黄色に塗り続けました。

残り、、、数人、、、あ、私だけだ。
と思い、そろそろ終わりにしようかと思ったとき、少し離れたところにいた女性の担任の先生2人の会話が聞こえました。

A:「ほら(見て)、うわぁ~すごいね」
B:「ほんと、こだわりすごいよね」

その嫌味っぽさと自分を否定されている感は、幼児期の私にもビシビシと伝わって、『早く終わらせてよ。』という圧を感じました。しばらくは、混乱してただ目の前の星を見つめるしかありませんでしたし、この大人2人が怖くて仕方ありませんでした。

でも、遅くなるともっと怒るかもしれないと思った私は、筆を片付け作品を大人の元に持っていきました。
A:「もういいの~?」
私:「(うん)」
B:「きれいに塗れたね、遊んできていいよ」

もうここまでくると全てが嫌味に聞こえました。そして、他の子たちが遊ぶすみっこに身を隠しました。
(先生なんて…大人なんて大嫌いだ、帰らせてくれ、なんでこんなところにいなきゃいけないんだ、満足行くまで塗ることがそんなにいけないの…?)

いろいろなことが頭を回り、どんどん先生がいやになりました。そして、保育園がいやになり、行きたくなくなり、いろんな手を使っては帰る術を探していました。
時には気持ち悪いと言ってみたり、時には頭が痛いと言ってみたり…。

しかし保育園は1日8時間、長い子で10時間以上を過ごす場です。
家族は働いているので、そう簡単には迎えに来れません。

それから私の制作は、”手抜き”になりました。周りが終わるころに終わりにします。きっと大人にとっての「良い子」になったんだと思います。

しかし…私の保育園のころの思い出は、モノクロがかった灰色の世界です。

 

~*~*~

もちろんいい保育園や先生もたくさんいると思います。
(実際私もこの職業になって、尊敬すべき素晴らしい先生がたくさんいらっしゃいます!)
うちの両親も保育園にはいい先生が多かった、と言っていました。しかし、私は保育園もこの先生達もあまり好きではなかったのが正直なところです。
子どもにとって長時間の保育は本当に負担がかかることですし、絶対的な大人の前では、大人の言うことが絶対になってしまいます。

しかし、働く家族にとって保育園はなくてはならない施設です。
幼児は大人の一言で傷つき、未来の可能性を狭める”
このことを十分に理解している私だからこそ、できる保育があると思っています。子どもも大人も1人の人でありフラットな関係でいるべきですし、大人は長く生きていますが、私が知らないことを彼らが知ってることもあります。

他の多様性を認め子どもも大人も尊重し合える、そんな場所をつくりたいと思っています。

子どもたちのより良い未来のために…
どうか、温かいご支援をよろしくお願い致します。

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

お気持ちコース

■お礼のメッセージ
■子どもたちが書いたポストカード

※いただいたご支援は、リターン費用がかからない分、サービス手数料を除いてすべて活動内容に活用させていただきます(寄付控除の対象にはなりません)

支援者
8人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年12月

10,000

alt

【リターン不要の方向け】児童発達支援施設の設立のための着実な一歩を応援!

■お礼のメッセージ
■子どもたちが書いたポストカード
■施設の壁面に支援者としてお名前の掲載(任意・掲載サイズ:小)

※いただいたご支援は、リターン費用がかからない分、サービス手数料を除いてすべて活動内容に活用させていただきます(寄付控除の対象にはなりません)

支援者
25人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年12月

30,000

alt

【リターン不要の方向け】児童発達支援施設の設立のための着実な一歩を応援!

■お礼のメッセージ
■子どもたちが書いたポストカード
■施設の壁面に支援者としてお名前の掲載(任意・掲載サイズ:中)

※いただいたご支援は、リターン費用がかからない分、サービス手数料を除いてすべて活動内容に活用させていただきます(寄付控除の対象にはなりません)

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年12月

50,000

alt

【リターン不要の方向け】児童発達支援施設の設立のための着実な一歩を応援!

■お礼のメッセージ
■子どもたちが書いたポストカード
■施設の壁面に支援者としてお名前の掲載(任意・掲載サイズ:大)

※いただいたご支援は、リターン費用がかからない分、サービス手数料を除いてすべて活動内容に活用させていただきます(寄付控除の対象にはなりません)

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年12月

プロジェクトの相談をする