READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

太陽光パネルで発電!電気が届かなくても使える街灯を作りたい!

泉裕之

泉裕之

太陽光パネルで発電!電気が届かなくても使える街灯を作りたい!

支援総額

0

目標金額 1,000,000円

支援者
0人
残り
終了しました
募集は終了しました
3お気に入り登録3人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

3お気に入り登録3人がお気に入りしています

プロジェクト本文

電気がなくても明かりが灯る「災害時対策街灯」!開発中の街灯を完成させるため、コントロールするための基盤を制作します!

 

はじめまして、株式会社アイザックの泉裕之と申します。弊社は、「安心・安全・環境」をモットーとして、電子機器を用いて、皆様に快適な環境をお届けしています。さまざまな商品を考え、お客様からの「こんなのあったらいいな!」をお聞きして、自分の知識と創造で、形にしています。これまで、除菌消臭器や、ウィルスブロックなどを開発してきました。

 

現在、弊社が特に力を入れているのが、太陽光パネルで発電し、電気が届かなくても灯りをともし、充電も行うことができるなど、災害が起きた時に様々な力を発揮する「災害時対策街灯」です。3.11の後、震災の影響で電気が使えない中、不安な思いをしていた方のお話しを聞き、身近にあるもので、どこにでも設置できる設備をと思い、開発を進めてきました。2016年6月の販売に向け、試作を重ねています。

 

この「災害用対策街灯」をコントロールするための基盤を改良する必要があり、そのためには300万円を超える費用がかかってしまいます。その1部の費用をご支援いただけないでしょうか。

 

(基盤の制作がカギを握っています)

 

 

3.11の後、電気が使えず、灯りや情報を得る手段がないことの不安さを知りました

 

東日本大震災の後、関東の会社の部長様とお話する機会がありました。関東にも大きな被害をもたらしていて、「電気が届かないため、街灯どころか信号機すらも機能せず、全く明かりが無く怖かった」「電気が使えないため、携帯電話の充電が出来ず、情報の入手や連絡の手段の携帯電話が機能せず不安だった」など、震災の後、ライフラインが復旧するまでの間、不安のなかで生活を送っていたことを聞きました。

 

3.11の様子をテレビなどで見て、その被害の大きさと、今ある物での防災の限界を感じていました。そんな時にこのお話しを聞き、普段から身近にあるもので、防災の機能を備えたものを開発したいと考えました。日本全国どこにでもあって、簡単に設置できる、街灯という形で何か作れないかと考え、この「災害用対策街灯」の開発を始めました。

 

(災害時の人混み)

 

 

「災害用対策街灯」は電気がなくても灯りをともすことができます

 

「災害用対策街灯」には、災害に備えて様々な機能を備え付けています。灯りを確保するための街灯としての基本的な機能だけでなく、防犯カメラを備え付けているので、災害時には状況把握に役立ちます。太陽光パネルを付けることで、この街灯だけで電気を作ることができ、非常用コンセントとして、携帯電話の充電なども行うことができます。「wifi」「音声」「回転灯」等も装備することができ、災害時に必要な「担架」「救急セット」「簡易トイレ」「給水袋」などの道具も装備に加えていきます。かなりの機能を併せ持つことができます。

 

現在はまだ開発の途中で、2016年の6月の発売を目指しています。しかし、まだまだ試作段階で、「災害用対策街灯」のシステムをコントロールする基盤の改良を行う必要が出てきました。電気を「水」と考えてみてください。「太陽光パネル」でたくさんの電気を作っても、貯めておくためのバッテリーを用意しても、調整するアイテムが無ければ、効率よく電気をためることが出来ません。そこで、必要となるのが、「基盤」になります。しかし、この費用が高額で、300万円ほどかかってしまいます。皆様にご協力いただき、費用の1部をクラウドファンディングでご支援いただけたらと思っています。

 

(太陽光パネルによって、街灯自信で電気を生み出すことができます)

 

 

「災害用対策街灯」があることを当たり前にしたい。

 

この「災害用対策街灯」が完成したら、学校や公園、市役所など、災害避難所には必ず設置したいと考えています。それだけでなく、「災害用対策街灯」を設置することにより、避難所が増えることも希望の一つです。地域の企業の敷地や店舗、公民館など考えれば沢山あります。既に企業様一部の県や市とは打ち合わせが始まっています。

 

夜、明かりがなければ真っ暗で何もみることができません。「不安」「心配事」が有ることにより、さらにパニックに陥る可能性があります。そのような状況の中でも、明るく灯る「災害用対策街灯」が、人が集まる場所になり、灯りがある事で、電話で家族の安否確認等が出来ることで、少しでも安心感を持っていただけたらと思っています。

 

(ご支援よろしくお願い致します。)

 

日本の方々すべての人が、いざという時の備えとしての安心感を得られ、災害時には大きく活躍すること間違いないと確信しています。未来の安心のため、皆様のご協力をお願い致します。

 

 

リターンについて

 

3,000円

・サンクスメール

 

10,000円

3000円に加え、

・ナノクロ モバイル ウィルスブロック【携帯用】(単品)

・結果報告書

・非常用食品 パンの缶詰

 

30,000円

10000円に加え、

・家具転倒防止棒

・防災ガラスフィルム

 

50,000円

30000円に加え、

・非常用持ち出しセット

 

100,000円

50000円に加え、

・防災用ラジオ

 

もっとみる

プロフィール
泉裕之
泉裕之
現在44歳の妻一人、子供3人。株式会社アイザックは今年4年目を迎えるまだ走り出したばかりの会社です。

リターン

3,000

お礼のメールをお送りします

・サンクスメール

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年6月

10,000

非常用のパンの缶詰をお送りします

3,000円に加え、
・ナノクロ モバイル ウィルスブロック【携帯用】(単品)
・結果報告書
・非常用食品 パンの缶詰

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年6月

30,000

家で使える防災グッズをお送りします

10,000円に加え、
・家具転倒防止棒
・防災ガラスフィルム

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年6月

50,000

これがあれば安心!非常用の持ち出しセットをお送りします

30,000円に加え、
・非常用持ち出しセット

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年6月

100,000

災害時でも使用できる!防災ラジオをお送りします!

50,000円に加え、
・防災用ラジオ

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年6月
プロフィール
泉裕之
泉裕之
現在44歳の妻一人、子供3人。株式会社アイザックは今年4年目を迎えるまだ走り出したばかりの会社です。

あなたにおすすめのプロジェクト

日本人の伝統と誇り。職人の「手」が生み出す製品を未来へ!

佐藤輝佐藤輝

#ガジェット

10%
現在
100,000円
支援者
4人
残り
33日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする