READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

お互いを知りたいと思える日中韓の友好を訴える動画を作りたい!

片柳那奈子(日中韓子ども童話交流同窓会事務局)

片柳那奈子(日中韓子ども童話交流同窓会事務局)

お互いを知りたいと思える日中韓の友好を訴える動画を作りたい!

支援総額

409,000

目標金額 350,000円

支援者
50人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
1お気に入り登録1人がお気に入りしています

終了報告を読む


1お気に入り登録1人がお気に入りしています
2017年11月18日 22:33

第二週目を終えて

ご支援いただいた皆様ありがとうございます!!

プロジェクトの公開から2週間が経過し、87000円に達しました!!

たくさんのご支援や温かい応援の声、本当に嬉しく思います!!

 

前回の投稿で「夢マップ」について紹介致しました。3ヶ国のために、揺るぎない友好関係のために、それぞれが描く夢を形にしたものでした。

今回は「夢マップ」の中で描いた夢を実現するために、今私たちはどんな目標を立て行動しているのか。どこまで達成しているのか。お伝えしたいと思います。

 

私たちが夢を実現するためには、大きく分けて以下の3つのステップが必要でした。

1、継続的な交流、意思伝達

2、日中韓3ヶ国で共同していくための中核組織の確立

3、プロジェクトの実行・発信

というものです。今回の動画作りはこの3つ目のステップの第一歩です。

以下ではこの3つについてお伝えします。

 

まず1について、私たちは日中韓3ヶ国もしくは他の国でそれぞれ生活し、自身の学業や仕事に励むため、常に一緒に行動・活動することはできません。しかし、SNS等を利用してお互いの近況を報告しあったり、実際に互いの国を訪れて夢や想いを再び語り合ったりするなかで、遠く離れていても常に相手のことを心配し思いやる関係となっています。この絆は本当にかけがえのない宝物です。

上は2017年2月東京浅草にて

下は今月4・5日、ソウルにて

 

次に2についてですが、夢を叶えるために、小学生以来離れて会えなくなっている3ヶ国の参加経験者を繋ぐために、みんなの中核となって活動する組織が必要でした。そのために事務局を設立しました。最初は日本人数人で活動していましたが、今年度からは中韓のメンバーも一緒に事務局員として活動しています。

上・中の写真は日本・韓国での参加経験者同窓会、

下の写真は各国同窓会をまとめるための、日中韓3ヶ国のメンバーによる参加経験者事務局員(2017年度)

 

そして、3についてです。たくさんの方々の支えのもと、築き上げた3ヶ国の絆・交流の輪は私たちのかけがえのない宝物です。この絆・交流の輪から、今こそ、大きな夢を形にするときなのです!3ヶ国だけにとどまらず、より広い世界へと訴えかけるものを作りたいと思っています!

その第一歩として、この動画プロジェクトを成功させたいと強く思っています!

是非今後ともご支援のほどよろしくお願い致します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一覧に戻る

リターン

1,000

【学生限定】プロジェクト応援コース!

◼︎動画作成メンバーからの感謝のお手紙をお送りいたします。

支援者
10人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年1月

3,000

感謝のお手紙をお送りいたします!

◼︎動画作成メンバーからの感謝のお手紙をお送りいたします。

支援者
16人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年1月

10,000

エンドロールにお名前を掲載させていただきます!

◼︎動画作成メンバーからの感謝のお手紙をお送りいたします。
◼︎エンドロールにお名前を掲載いたします。

支援者
23人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年1月

30,000

インタビューをお届けいたします!

◼︎動画作成メンバーからの感謝のお手紙をお送りいたします。
◼︎エンドロールにお名前を掲載いたします。
◼︎日中韓の学生が語る友好についてのインタビューをお送りいたします。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年4月

50,000

プロジェクト全力応援コース!

◼︎動画作成メンバーからの感謝のお手紙をお送りいたします。
◼︎エンドロールにお名前を掲載いたします。
◼︎日中韓の学生が語る友好についてのインタビューをお送りいたします。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年4月

プロジェクトの相談をする