ご支援いただいた皆様、本当にありがとうございました。

プロジェクトの公開から1週間が経過し、45,000円の応援が集まりました。

ありがとうございます。

 

ですが、目標金額への挑戦の道のりはまだ始まったばかり!

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

今回は、私たちの活動の基軸にもなっている、日中韓の若者が描く「夢」について、活動内容と合わせてお知らせしたいと思います!

 

現在日中韓3カ国の互いの印象は文化交流により改善の兆しを見せることもあるものの、情勢に左右されてしまいがちです。

 

私たちの活動は、より各国の「人」同士が互いを身近に感じられるようにすることで、揺るぎない友好関係を築いていくことを目標にしています。

その目標は、私たちが小学生の時に何のしがらみも先入観もない状態で築くことのできたあの友情を伝播させていきたい、という「夢」を描いた「夢マップ」から始まります。

 

 

これは、2010年度に作成された夢マップの一つです。

夢マップとは、語り合った壮大な夢を形にしたもの。

この夢マップを3カ国の青少年が集う真ん中に広げ、実現に導くために いま何ができるかを考えます。

今回のプロジェクトもその一つです。

 

次回は「夢マップ」の周囲で何が語られ、何が起きているのかをご紹介できたらな…と思っています☆

新着情報一覧へ