プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

 

私たちは国境や言語、見た目に関係なく仲良くできます!

 

 初めまして、「日中韓子ども童話交流参加経験者同窓会」事務局長の片柳那奈子です。私たちは、小学生時代に日本、中国、韓国の同年代友達と一週間をともにし、童話を通じて互いの理解を深め、みんなで協力して一つの絵本を作るという体験をしたメンバーです。この経験をもとに大学生になり、改めて集まったのがこの同窓会です。

 

小学校時代の経験からこの3カ国は、違いはあるけれど、共通点や分かり合える点も多いと知っています。そんな私たちは、今のねじれた日中韓関係に疑問を持っています。特別なフィルターを通さずお互いを一人の友達としてみて接することのできる私たちだからこそ、国境や言語、見た目に関係なくお互いが理解し仲良くできることを写し、日中韓の友好を訴えたいと思い、今回は動画を作成しようと思いました。ぜひ皆様のお力をお貸しください。

 


2017年度同窓会メンバー

 

小学校時代に感じたお互いの共通点。大学生になりそれ皆に届ける。

 

「日本・中国・韓国子ども童話交流」は子どもたちの読書活動や体験活動が重要であることを普及・啓発するため、日本・中国・韓国の子どもたちが一堂に会し、各国の絵本・童話を通じて読書の楽しみを知ってもらうとともに、様々な活動を通じて相互の文化の共通性や特徴を理解する機会を提供しているものです。私たちは、小学校時代にこれに参加していました。

 

具体的には、1週間の合宿プログラムでした。約100人の子ども達が集まり、日中韓混合の10人ずつのメンバーで班を組まれ、一緒に過ごしました。前半は、各国の童話にまつわる場所に行き、童話の勉強とお互いの理解を深めました。後半は、各班で与えられたテーマに沿って1冊の絵本を作りました。ストーリーや絵も自分たちで相談して決め、1人1ページ担当し計10ページの物語を作りました。一週間寝食を共にし、言葉がなかなか通じない中、なんとかコミュニケーションをとり交流をしたことで、お互いの違いを認め合い、各国のことや人について知り、理解を深めました。

 

私たち「日中韓子ども童話交流参加経験者同窓会」は、この「日中韓子ども童話交流」に小学校時代に参加したメンバーが、大学生になって集まった団体です。日本・中国・韓国の3カ国は文化も言語も違うけれど、確かに共通した歴史と思いを持っている仲間だと、合宿と絵本作成を通して実感しました。そんな経験をした私たちだからこそ、「日中韓の友好・交流」を目標に貢献したいという思いを持ち、様々な活動しています。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
今でもメンバーで各国の歴史的な場所に行き、交流と理解を深めています!

 

フラットな感覚で、日中韓の本来の姿を映し出します。
 

今回私たちは、日中韓の友好を訴える動画を作成しようと思っております。現在、日中韓関係はお世辞にもいいとは言えません。確かに、文化も違うし、言語も違う。歴史を紐解けば、お互いに啀み合い、争った出来事もとても多い。ですが、私たち日本、中国、韓国はお互いに最も近い外国であり、共通した文化も持った隣人であり友人です。異なることも多いが、共通点も確かに沢山ある。だからこそ接してみるとすぐに仲良くなれるし、一緒に話したり、出かけたりすると楽しい。それを私たちは体験を通して知っています。しかし、それを知らない人も沢山います。世間のイメージで、ネットの評判で各国を評価し、悪いイメージを持つ。私たちはそんな人を少しでも減らしたい。各国が少しでも歩み寄って、友人として友達として接することのできる関係にしていきたい。そう思っています。


そんな未来を現実のものとするためには、ネガティブなイメージを払拭する必要があります。日中韓の友好を訴える手段が必要です。最も広く広告でき、かつインパクトがあり、目に留まりやすく、みたいと思う広報手段は動画の配信だと考えます。動画配信サイトで、あるいは日中韓関連のイベントで日中韓の友好を訴えたいと思います。

 

私たちは子供の頃、偏見が全くなく、ただただ一緒に遊ぶことができ、気づいたら仲良くなっていて、仲良くなった子がたまたま中国人や韓国人というだけでした。そんな経験をした私たちだからこそ、国境を意識しないことができると思っています。そんなフラットな国際感覚を生かした表現、日中韓を世間のフィルターを通さず見て友達として接する姿、日中韓関係なく協力して活動する姿などを魅力的な映像で伝えられる動画を作りたいと思っています。2月に撮影を行い、3月にyoutube等で公開の予定です。ぜひ皆様の温かいご支援お願いいたします。

 

どのような方法で、どうやったら伝わるか皆んなで真剣に考えています。

 

知りたい!行ってみたい!そんな些細なきっかけ作る。
 

この動画を見て、日本人も韓国人も中国人もみんな自分が思っている以上に仲良くできるものなんだな、少し自分の見方を変えてみようか、中国や韓国に旅行に行ってみようか、そう思ってもらえることを目指します。はじめは、知ったり、感じたり、行ってみたり、そんな些細なことを行うきっかけでいいと思っています。


まずは、同窓会の出張授業や日中韓子ども童話交流の場で動画を視聴してもらい、またYoutubeに掲載し、全世界の人に見てもらえる環境をつくります。また、メディアに今回の取り組みを取り上げてもらい、注目度を上げ、最終的には、一人でも多くの人が日中韓の友好を願い、10年後あるいは20年後の日中韓関係のイメージが友人となるような世の中を目指します。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

それぞれ違うところはたくさんありますが、同じところもたくさんあります。

お互いの違いや共通点を知れば、もっと理解が深まります!


最新の新着情報