プロジェクト概要

 

学ぶ楽しさ」が実感できるオランダ型の授業をオンラインで日本の子どもに届けます。

 

オランダからこんにちは!

突然ですが、みなさんは「イエナプラン」をご存知でしょうか。

 

「子どもが世界一幸せな国」であるオランダ。このプロジェクトは、そのオランダで行われている「イエナプラン」という教育プログラムを日本の子どもたちにオンラインで届けることを目標としています。

 

*イエナプランとは?

子どもが持っている自分のいいところを見つけて伸ばす教育プログラム。子どもが生まれながらに持っている自分の良さ・得意を発見し、それを伸ばしていく授業のなかで自己肯定感を育てます。ようはまるで遊びながら、知らないうちに子ども自身が主体的に学んでいるのがイエナプラン教育。

 

*なぜオランダの教育なの?

孤独を感じている子どもの割合を知っていますか?先進諸国では5〜10%。オランダが最も少なくて3%。反対に日本だけがずば抜けて多く、30%です。

そして、オランダの「自分は幸せだ」と感じている子の割合は先進諸国で一位です。

どうしてオランダの子どもたちはみんな、「自分は幸せだ」と感じているのでしょうか?その秘密は教育にあると言われています。

 


 

子どもたちの笑顔と自然な学びを求めて・・・

 

はじめまして。川崎知子と申します。小学校教員として11年間働きながら、よりよい教育方法をもとめて様々な教育プログラムのセミナーに参加してきました。

 

その中で出会ったオランダのイエナプラン教育。子どもが世界一幸せな教育法だと実感しました。

 

イエナプランを本格的に実践する教師になりたいと思い、とうとう2017年9月に教員を退職。夫と息子二人と一緒にオランダに移住しました。

 

私がオランダで学んだイエナプラン教育法を使って、子どもが''学ぶ楽しさ''を思い出し、笑顔になれるオンライン授業のプロジェクトを立ち上げることにしました。

 

 

<これまでの活動>

 

約10年前に、オランダの子どもの幸福度が世界一位であることと、オランダのイエナプラン教育を知りました。

 

2015年夏、オランダで開催されたイエナプラン教育研修に1週間参加しました。その時、オランダのイエナプラン校を視察。子どもたちが楽しそうにのびのびと自分のペースで自然に学び合う姿を間近に見て、とても感銘を受けました。

 

イエナプランは異年齢学級といって、3学年が合同で学びます。昔の日本のように、大きい子が小さい子に教える姿。自らの問いをたててひとりひとりが調べて掘り下げていく授業などなど目からウロコでした。

 

さらに発達障害の子どもも一緒に楽しく学んでいる。教室がリビングのようになっていて円形で座りおしゃべりしながら教師が子どもの自主的な学びを引き出している姿!

 

日本で言うならば、一日中が休み時間のよう!指示がなくても、注意をされなくても、自分たちで考えて、自分たちで行動している。友達としっかり話し合う時間と、一人で学習に取り組む時間のメリハリ。そして、笑顔!

 

どの子も、家にいる時と同じように、自然に、ありのままで学校にいるんだろうなあと感じ、早速日本に帰って小学校2年生のクラスでイエナプランを実践してしてみました。するとこんな感想をいただきました。

 

〇今までは文章を書くのは得意でも授業中には恥ずかしがって発言しなかった子が、自分の意見を自然に発言するようになった!そして、授業が変わったということをお母さんに報告してくれて、お母さんからも感謝していただいた!

 

〇一人で黙々と問題に取り組むのは好きだが、授業中はつまらなくて教室を飛び出していた子が、教室の中いるようになった!その子の自由奔放さを怖がっていた子たちも、その子と一緒に遊んだり、学習したりするようになった!

 

〇一日中友達とかかわり合いながら学習に取り組むようになったので、休み時間や放課後も、一緒に遊ぶ子が増えた。もちろん、学校でも、一日中、笑顔で生活する子が増えた!

 

翌年は3年生の担任になり、公開授業にして、保護者を始め、教員や校外のお父さんお母さんにも参観してもらいました。そのときの感想がこちらです。

 

◯何もかも、目からウロコでした。川崎先生の勇気と、子供を信じて見守り続ける姿勢に、感動というか衝撃を受けました。どの子供も楽しそうで、一般的な授業スタイルでは実現できない、それぞれの子供の自然な姿がとても素敵でした。

 

〇イエナプラン教育を通して、3年生なのに自分で計画的に学習して、自分で振り返って改善してる女子!遊びたいけど計算ドリルをやらなきゃって自分で頑張っている男子!自主的で意欲的で、楽しそうに学ぶ姿が可愛かったです。

 

◯先生が教えるのではなく、アドバイザーというような印象で、自分で調べたり、教え合う姿は 点数というところだけでははかることのできない力を養うことができるのだと思いました。学力や個性、性格の違う生徒が、それぞれを発揮できる環境つくりとして、川崎先生の取り組みがより広がることを願っています。

 
※イエナプラン教育法についてのより詳しい説明は一番最後に資料をつけたのでお読みください。

 

 

世界一幸せな教育のオンライン授業を子どもたちに

 

当たり前のことですが、学校で担任として教えているときは、学校に来ている子(学校に来れる子ども)にしかアプローチ出来ていませんでした。

 

私は当時「大人数が苦手」で中々教室に入れない子を担任していたことがあります。その子は、別の部屋では、とても一生懸命に学習をする、笑顔の素敵な子どもでした。

 

そして、今、日本には小・中学校に通えず、居場所のない子が13万人もいます。周りに、学校になじめないという子はいませんか?お子さんが「学校に行きたくない」と少しでも言ったら、とても不安になりませんか?

 

「いじめ」などのはっきりした原因があるかもしれませんが、はっきりとした原因がないという場合も多いです。学校に、行きたくない、行けないのは、なまけているわけでも、心が弱いわけでもありません。

 

子どもたちには、新しいことを知りたいという好奇心や、大人では絶対に敵わない想像力や創造力があります。学校に行っていない全国の子ども達が、これ以上学校や学習が嫌いになる前に、そして、そんな自分が嫌いになる前に、子どもたちを笑顔にします!

 

〜イエナラボ@オンラインが、子どもたちを笑顔にできる5つの理由~

 

1、子どもたちの「ありのまま」を大切にできるから。

オンラインで行うので、ご家庭から「ありのまま」の姿で参加できます。外では無理をしてしまうお子さん、外では我慢しすぎてしまうお子さん、そして外では怒られてばかりのお子さんにも、楽しく参加していただけます。

 

2、1人で参加するか親子で参加するかを選べるから。

「選ぶ」というのはとても大切です。1人の方がいい子は1人で参加でき、親子一緒がいい場合は親子一緒に参加できます。お母さんと参加する場合も、お母さんは画面の横に隠れることが出来ます。困った時だけ、質問をすることも出来ます。

 

「初めての人たちの前で声を出すのは恥ずかしい」という子にはチャットでの会話も試してもらえます。一方、お子様だけで参加される場合は、保護者の方は別室でお仕事をしていただいてもいいですし、保護者の方同士での会話の場も提供します。

 

3、世界中と繋がれるから。

Zoomというオンラインソフトを使用することで、まるで同じ場所に集まっているかのように会話が出来ます。しかも、オンラインだからこそ、相手の顔を一生懸命に見たり、相手の声に耳を傾けたりすることができます。「近くに居場所がない。行き場所がない。学習する場所がない。」というお子さま方に参加してもらえるのも、オンラインならではです。そして、普段は一緒に学ぶことが不可能な遠くに住んでいる子とも会話が出来ます。

 

4、友達から学ぶから。

講師との1対1の会話ではなく、同世代の友達との会話を通して学ぶ時間を提供します。友達の言ったことからひらめく、友達の言ったことから考える、そんな時間を大切にしていきます。

 

5、普段の生活にすぐ活かせるから。

「何のために勉強するのか。」が分からない子どもは多いと思います。オンラインで探究学習をすると、すぐにキッチンに行って料理をしたり、終わった後にすぐ調べたいことを調べることも出来ます。お家の人にインタビューをしたり、一緒にゲームをしたり、家族での会話も増えます。

 

 

4月には、「おにぎり」というテーマで、7人のお子さんとお試しレッスンを行いました。最終回(第3回)の発表には、4人とお母さんが代わりに参加してくれて、5人で「発表」をしながらおしゃべりをしました。本当に、個性豊かな発表の数々に感動しました。素敵な感想もいただきました。

 

◯レッスンの時だけでなく、今回のテーマの「おにぎり」から私たち家族の普段の生活の会話がさらに広がりました。そしてレッスンで出会ったお友だちのことも折りに触れては思い出し、娘はいろいろ楽しそうに話しています。

発表に向けて自分で準備したことが自信にも繋がったようで、毎日の教科学習に対するヤル気も上がっているのをそばで見ていて感じています遠くても自分を認めてくれる先生とお友だちが存在する、という事実がこんなにも心強いものなんだな…としみじみ有り難く思っています!本当にありがとうございます(^^)

 

「学びの楽しさ」を伝え、子どもたちを笑顔にするプロジェクト

 

より多くの子供たちに「学びの楽しさ」を伝えるために・・・

6ケ月間のプロジェクトを実行します!

 

【期間】

2018年7月~12月(6ケ月間)

 

【対象】

本来学びは楽しいものなのに、その楽しさを感じられなくなってしまった子どもたちと、その保護者さま・周りの方々

 

【プロジェクト内容(ご支援の使い道)】

〇お試し価格(月3500円)のまま、100人にレッスンプレゼント!

全国に13万人もいる小・中学校に行っていない子どもたちのうち、まずは100人にレッスンを届けます。

 

「学校が合わない」「学校が辛い」と感じているならば、ぜひ1度このレッスンを受けて欲しいです。「勉強しよう!」ではなく、「ちょっと覗いてみよう。」という気楽な感じで参加してもらうために低価格に拘っています。

 

~探究レッスンの内容~

1週目(60分):自己紹介・問いを作る・探究の方法を知る

2週目(60分):伝え合いの方法を知る・探究タイム

3週目(60分):伝え合いタイム・振り返り

 

また、100人を集めるために、チラシを作り、郵送をします。

 

〇参加した子どもたちのドキュメント動画と作品集作成

レッスンに参加した子どもたちの、輝いた笑顔!!初めて会う子どもたち同士の会話!!少し慣れてきてからの会話!!すべてが貴重で、すべて学びにつながっています。

 

もっと多くの子どもたち、そして先生たちに、この学びを知ってもらうためにドキュメント動画と作品集を作ります。

きっと、多くの方の、「学校に行かない」という選択への見方が変わるはずです。

 

【支援のお願い】

10名弱の子どもたちとお試しレッスンをし、より多くの子どもたち、親御さんたち、そして先生たちにも、この学び方を知って欲しいと願うようになりました。しかし、私は今、仕事を辞めてオランダに学びに来ており、資金に余裕がありません。

 

そのため、今回はクラウドファンディングという形で、皆様のお力をお貸しいただきたいと思っております。いただくご支援で、より多くの子どもたちにオンラインレッスンを届けます!そして、その様子をまとめ、皆様にお伝えします。

 


 

今回のプロジェクトを通して、学びの場は学校だけではないということを、より多くの人たちに実感してほしいと思います。

 

子どもたちが、友達とともに学ぶこと・学び合うことの大切さに気付くように。子どもたちが学びの場の一つとして「イエナラボ」を選べるように。

 

そして、その子どもたちが「大人になるために大切なことはイエナラボで十分に学べた」と、言ってくれるように。子どもたちが毎日笑顔で暮らせるように。

 

そのために、これからも私に出来ることを精一杯やっていきます。子どもたちの笑顔のために、ぜひ皆様のお力をお貸しいただければ幸いです。

 

思いだけが溢れて、うまく文章化できず、長い文章になってしまいました。最後までお読みいただき、ありがとうございました。オンライン、または実際にお会いできる日を楽しみにしております。

 

リターンについて

 

5000円をご支援いただいた場合

・オランダからのサンクスメール オランダの写真を存分に入れ、オランダの最新情報をお届けします。

・HPにお名前、会社名を掲載

・イエナプランのオンライン勉強会(500円)に無料ご招待

 

10000円をご支援いただいた場合

・5000円のリターン品に加えて、

・イエナラボ@オンライン1時間×3回レッスンを無料で受講いただけます。

(※子ども(親子)向け、または親向けをお選びいただけます。)

 

15000円をご支援いただいた場合

・5000円のリターン品に加えて、

・川崎知子とオンラインで2時間(または1時間×2回)話せます!(オランダの話、授業の相談、何でも承ります。)

または

・イエナラボ@オンライン1時間×3回特別バージョン(実践したい方向け)を無料で受講いただけます。

※既に5000円、10000円のご支援をいただいた方は追加支援で当リターンに変更も可能です。

 

30000円をご支援いただいた場合

・5000円のリターン品に加えて、

・イエナラボ@オンライン1時間×3回レッスンを3回無料で受講いただけます。

・イエナラボ参加の子どもたちの作品集をプレゼント

・勉強会、育児サークル等呼んでください!オンラインまたは、交通費相談の上、伺います!

 

50000円をご支援いただいた場合

・5000円のリターン品に加えて、

・イエナラボ参加の子どもたちの作品集をプレゼント

・オランダで人気の「スマートゲーム」をプレゼントします。(5000円相当)

・勉強会、育児サークル等呼んでください!日本帰国時、全国どこでも伺います!

 

100000円をご支援いただいた場合

・5000円のリターン品に加えて、

・イエナラボ参加の子どもたちの作品集をプレゼント

・オランダで人気の「スマートゲーム」などをプレゼントします。(10000円相当)

・勉強会、育児サークル等呼んでください!日本帰国時、全国どこでも伺います!

 

より深く知りたい方へ ちょっと詳しい資料

 

イエナプラン教育とは、ドイツのイエナ大学の教育学教授だったペーター・ペーターゼンが創始した学校教育です。現在、もっとも「イエナプラン教育」が盛んに行われているのがオランダです。

 

〜イエナプラン教育の特徴〜

 

◆異年齢学級

学年ごとに学級を分けるのではなく、3学年の異年齢学級で、社会と同じようにお互いに学び合います。

 

◆対話・遊び・仕事(学習)・催し(行事)

対話、遊び、仕事(学習)、催し(行事)の4つの活動をリズミカルに行います。

◯対話:輪になって全員で話をする中で、友達の話を聞いたり、自分の意見を言ったり、深く考えたりして学び合います。

◯遊び:遊びの中でこそ学べるコミュニケーションを大切にしたり、学習の中にも遊びを取り入れて、楽しく学びます。遊びと学習に明確な線引きがないことも特徴です。

◯仕事(学習):いわゆる読み書き計算だけでなく、自分で予定を立て、実施し、評価すること、そして質の高い仕事をするという意識をもつことを重視しています。

◯催し:誕生日会などのイベントや行事を行ったり、学習したことを発表する時間を大切にします。

 

◆ワールドオリエンテーション(探究学習)

科目ごとの時間割はなく、「ワールドオリエンテーション」と呼ばれるいわゆる探究学習を中心にして学びます。ここでは、「答えより問い」「本物から学ぶこと」「協働」を大切にしています。

 

「問いを作る」ために実際に身の回りにあるものすべてが題材になります。「りんご」を題材にするのであれば、りんごが出てくるお話を読んだり書いたりすれば国語に、重さを測ったり、数を数えたりすれば算数に、歴史や産業をしれば社会に、育て方を知ったり、育てれば理科になります。明確に科目に分けることはなく、協働して探究する中で友達から学びます。

 


最新の新着情報