6月のプロレス大会で人々の笑顔創造というのが主題なのは明確ですが、今回の訪ネパールでは日本の企業さんにもご同行頂き、日本のネイルアートを現地で教える時間も設けさせて頂いています。なので今日はカトマンズの日本語学校へ詳細を打診。以前一度だけ表敬訪問したことがあるのですが、生徒さんの中に興味を持っている方がいれば目の前で日本の技術を見てもらいたいと思っています。

単に興味ではなくネパールでは興味が仕事になる可能性が十分ありますので。日本に来られる留学生にもアルバイト(職業指導)をさせてあげられる可能性も十分。

日本語学校(SEWAセンター)に、以前通訳をしていただいたことのある先生が現在もいるので今後も話し合って、将来1つの会社又は店舗にという希望を持っています。

年に何度も行けるわけではないので、無駄な時間を費やさないようにしたいと思います。但し、ネパール時間というのが難敵。待ち合わせに2-3時間遅れるのは当たり前の国。学校であれば時間が決まっているので、今回は日本語学校と話を進めていきます。

新着情報一覧へ