残すところ後8日となりました。時間が経つにつれて消耗していくものを保存するのは、かなりの負担となっております。皆様のご協力をお願い致します。

万祝の紹介はこれで最後となります。

中央の杯に「いはし」の文字があります。これは生地の色が少し薄い鼠地というものです。紺地は「来ん」というので、嫌った人がいたともいわれております。

背中に鶴海に亀というお目出度い柄です。

当館は200着以上の万祝を所蔵いたしており、時々入替を行っております。

同じ物をずっと出しているのは本当によくありませんが、絶対量がそう多くないので難しいところです。

次からは万祝以外の物を紹介致します。

新着情報一覧へ