こんにちは、鯨岡です。

 

いつも応援ありがとうございます。

 

プロジェクト開始から2週間で、お陰様で目標の約50%まで来ました。

 

反響に非常に驚いています。

 

 

 

今回の「介護職の人材確保」に着目した無料研修提供。

 

一つキモになっているキーワードは、

心のボーナス(内発的動機づけ)」です。

 

 

実は、多くの組織で、この観点が抜け落ちている、と私は感じます。

 

 

心が満たされていれば、楽しい

     ↓

そうすれば、いいケアが提供できる

     ↓

質が安定し、利用者さんの満足度が上がる

     ↓

稼働率が上がり、経営的にも安定化に向かう

 

こんな図式です。

 

 

それを実現化するための手法、それは色々とあるのですが、

ザックリと言いますと、

 

「認めること(褒める)」「否定しないこと」です。

 

なーんだ、そんなことかよ、と思うかもしれません。

 

 

しかし、一般的な組織では、どうしても仕事の忙しさ優先で、

「否定」や「やって当たり前」、「批判」が横行しています。

 

すると、いくら「仕事の遂行」という正しさがあったとしても、

人間関係がギスギスし、無味乾燥になり、何か言われるのでは、

とビクビクし、とても楽しさなんて感じれるチャンスが無くなります。

 

するとどうなるか?

 

もはやここに居続ける意味性は無くなり、どこかいい求人が無いか、

探し始めることになります。

 

 

ここなんです!

 

そこには、今給料がいくらか、という要素はありません。

(もちろんここは最低限満たされたいですが)

 

 

でも、少なくとも、「ここに居てもいいよ」「毎朝通うのが苦じゃない」

という最低ラインの感情って、とても大事なのです。

 

ただ、ここまで意識が及んでいる組織って、実は少ない。

 

この重要性に気づいているリーダーや管理職も少ない。

 

 

人手不足がいよいよ深刻になっている今...

 

まずは自施設に定着してもらう。

 

そのためにシンプルだけど超大事な考え方を広めたいと思っています。

 

それが、このプロジェクトを本格化しようと思ったきっかけです。

 

 

引き続き、応援のほど、どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

新着情報一覧へ