例年よりも早く10月から降り始めた雪は、いまのところ溶ける様子もなく、沼牛駅周辺もすっかり「冬」の景色になりました。
 
さて、9月からスタートした沼牛駅修繕も無事完了しました。昨日は、御披露目会に向けて、有志数名で細かな軽修繕を自分たちで行いました。
 
昨年の公開イベントの際にも、仮設で「電気」を通していましたが、駅修繕のため撤去していたため、再度仮設で電灯が灯るように作業をしました。
 

 

 
いまの冬の時期、一面が雪で真っ白になり、そしてさらに寒い日には、あたりが真っ暗な中にふと「明かり」があると、不思議と「安心」「あたたかさ」を感じる気がします。
 
 
今回、『少しでも楽しんでもらえれば』との思いから、急遽、ささやかなミニプレイベントとして、前日5日夕方からイベント当日まで“夜間電気点灯”を実施することと致しました。
 
5日夜は、基本的にはスタッフ不在、また駅舎内はまだご覧いただくことは出来ませんが、深名線らしい『冬の夜の木造駅舎』の外観を少しでもお楽しみいただけると幸いです。
 

 
(※周辺は暗いため段差などには十分ご注意いただき、自己責任でのご見学にご理解ご協力お願いいたします)
 
 
…寒い寒い時期になりましたが、皆様がお越しになるのを『おかえり』と、沼牛駅が待っています…

新着情報一覧へ