プロジェクト終了報告

2018年03月30日

協力して下さった皆様ありがとうございます!

皆さん、こんにちは。

 

この度は皆様に多大なるご協力を頂き、誠にありがとうございました。

慶應チャレンジャー国際テニストーナメント2018開催にあたり、クラウドファンディングが無事終了致しましたことをこの場を借りてご報告させて頂きます。

私達はチームとして日本一になることを目指し、日々練習に取り組んでいます。

同じように世界に向けて日々練習を積み重ねているテニス選手が沢山いる中、私たち慶應義塾体育会庭球部は世界という目標へ立ち向かう選手を応援したいという思いで、この慶應チャレンジャーを開催致しました。

男子シングルスは日本人同士の決勝戦となり、会場は大いに盛り上がりました。白熱した試合の末、内山靖崇選手が見事慶應チャレンジャー初優勝を飾りました。最後まで大接戦となった男子ダブルス決勝戦は、Tobias KAMKE/Tim PUETZペアの優勝となりました。女子シングルスも予選から熱戦が続き、Veronika KUDERMETOVA選手が優勝しました。女子ダブルスはLaura ROBSON/Fanni STOLLARペアが優勝しました。今年も男女共に多くの若手選手が活躍し、それぞれが世界の舞台へ一歩近づくことができたのではないかと思います。出場選手が慶應チャレンジャーをもとに今後も活躍して欲しいと心から願っております。

他にもキッズジュニアテニススクール、車いすテニス、大人向けテニス上達メソッド等、多くの方へテニスの魅力を感じて頂けるよう様々なイベントを開催致しました。

来年もまた新たなチャレンジャーの力になれるように私たち慶應義塾体育会庭球部員一同、真摯に努めて参りますので今後とも慶應チャレンジャー国際テニストーナメントをどうぞ宜しくお願い致します。