皆様、新年明けましておめでとうございます。

 昨年は、運転体験をひと月に1回以上のペースで運転体験を開催して参りました。

 また年末には、初めてキハ2004号譲渡元のひたちなか海浜鉄道吉田社長をお招きしての「公募社長対談&ビアキハ」を開催しました!

 これは、同社が中心となり夏季に開催されている「ローカル鉄道・地域づくり大学」有志の皆様の忘年会を兼ねたもので、地元ファンの方にも参加を募り、キハ車内外で楽しいひと時を過ごしていただきました。

 キハお披露目の際に、吉田社長にはご覧頂けていなかったため、今回が譲渡後2004号と初めての顔合わせとなりました。

 またビアキハに先立ち、同じく公募社長のへいちく河合社長との「公募社長対談」を実施!
 車内では、河合社長がかつてひたちなか社の公募に応募されていたことや、それぞれの会社運営上の違いなど、Y幹事の迷司会により?爆笑のうちに終了し、前田会長の乾杯でビアキハスタート。

 

 車内ではビアサーバー飲み放題、外では北九州名産の焼きカキに、皆様舌鼓を打ち、気が付けば15時開催の会は19時を過ぎていました。

 

 

 

 

なお今回は幹事の涙ぐましい努力により(笑)参加費を当初の3500円3000円で開催できました!!
 キハの中で4時間ビール飲み放題、これはお得ですよ。
もちろんソフトドリンクや焼酎、日本酒も。
 今回おいでいただけなかった皆様、次回はぜひどうぞ。

 

 なお、このビアキハの様子は吉田社長が執筆されているひたちなか海浜鉄道「海浜鉄道日誌」でも下記のように紹介されています。

 

2004元気です 人の輪もつながって

1日、お招きを受けて平成筑豊鉄道へ。

お嫁に行ったキハ2004車内で懇親会です。

先方は、大歓迎。楽しく実りある時間となりました。

キハ2004は、元プロの整備士さんや熱心なファンなど多くの人に守られて外見はピカピカ、エンジンは元気。

こんな状態を保つためには相当な労力が必要と推測され、携わるみなさんのお気持ちには素直に感動。

運転体験も15回を数え(そのうち10回参加した方に運転まで披露してもらって…)、すっかり地域振興のシンボルに。

そして、人の輪もこうしてつながりました。

嫁がせて良かった。

受け入れの皆さんに深謝です。懇親会の熱い歓迎も含めて。

 翌日は、泊りがけでおいで頂いた吉田社長やメンバー有志のご希望で、日田彦山線不通区間の見学バスツアーを実施。

 

 

 被害の大きな区間で停車し、地域づくり大学の構外授業が適宜開催され、鉄道運営の難しさと、果たすべき役割について吉田社長とディスカッションを行いました。

 そして、12月16日には、「貸し切りお申込み」を頂きました!!

 

 こちらは個別に常連参加頂いている方も多い「DAE12鉄道体験運転士会」の皆様10名でお申し込みを頂きました。

 さすがは全国の運転体験で鍛えられた皆様、衝動のないブレーキに江川指導員も感心しきりでした。

  

 さて、新年最初の運転体験は、1月19日(土)に開催します。

 現在、平成筑豊鉄道ページでお申し込みを受け付けておりますが、まだ余裕があります。

 キハのエンジンもご覧のとおり、前田会長と幹事有志による年末のメンテナンスで状態良好です!

 

 中にはすでに10回目の常連さんも!

 皆様の手で、このDMH17エンジンのキハを動かしてみませんか??

 もちろん、運転だけでなく、車掌業務も体験することができます。

 詳しくは平成筑豊鉄道ページをご覧頂き、ふるってお申し込みをお願い致します。

 

 

 

新着情報一覧へ