作家の数多久遠さんが、再度ブログにNEXT GOALについて取り上げてくださいました。

 

http://kuon-amata.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/post-8d8c.html

 

「探したい事実を探すのではなく、片っ端から真実を明らかにする行為に価値がある」と書かれてます(こう書いて欲しいなんて、もちろん頼んでません!)。

はい、そのつもりです。特定の公文書だけを対象にするつもりは元々ありません。ただ、歴史の大きな流れの中にそれに反する小さな流れも含まれるのは世の常。きれい事だけでは無いはず。一つの都合の良い事実だけを取り上げてそれが全てのように考えては、「木を見て森を見ず」になってしまいます。時間は掛かりますが、少しずつ全体を出していきます。

新着情報一覧へ