プロジェクト概要

「やまもも葉茶・飴」でアレルギーや花粉症・アトピーを改善したい!

 

はじめまして。私は徳島県(阿波踊りやすだちと言えばご存知の方もいらっしゃるかも・・・)のココカラハッピー代表の吉成と申します。ココカラハッピーはREBORNをコンセプトに廃棄されるものに新しい利用方法を見いだし、体にも環境にも優しい商品を!ということを掲げております。

 

まず自分自身も含め悩んでいるアレルギーや花粉症・アトピーを安心安全の体に優しい自然食で改善したい!廃棄されるものに新しい利用方法を見出すことにより環境にも優しくそして地域のものであることにより活性化にもつながるということを目的に独自の方法でつくりあげた「やまもも葉茶」「やまもも葉茶飴」の製造・販売をしております。今回のプロジェクトでは、「やまもも葉茶・飴」を全国・及び海外に流通させることで、アレルギーや花粉症・アトピーの改善策として自然の食品であらたな提案・方法ができ、そして徳島県の木でもある「やまもも」のアピールにより相乗効果してあらわれる徳島県のPRになり、廃棄することが当たり前だった「やまもも葉」の新しい可能性などを目指しています。

 

しかし、全国及び海外向けのパーケージ制作費、プロモーション費などが不足しています、皆様のお力をお貸しいただけないでしょうか!

 

(やまもも葉茶飴)

 

 

なぜ、「やまもも葉」に注目したのか?

 

「やまもも」はヤマモモ科ヤマモモ属の常緑樹で主にあたたかい西日本に多く存在します。樹勢が落ち着いていて常緑樹であることなどから、街路樹や公園などにもよく植樹されています。ヤマモモの特徴として樹高は10メートルから20メートルぐらいの高さで、葉の形は長楕円形をしており長さは5センチから10センチ程あります。中でも徳島のやまももは全国シェア約7割を占める日本一のやまもも産地で徳島県の木にもなっています。

 

現在「やまもも」の認知度は低く、もちろん「やまもも葉」にアレルギーや花粉症・アトピーに良いと言われる素晴らしい効能があることも知られていないのが現状です。まずは多くの方に存在を知って頂くことからはじめなければなりません。そして、まだ製造ラインも安定していないなど様々な問題を解決していかなければいけません。

 

(やまももの葉と実)

 

 

「やまもも葉」を目にするたびに、この葉を利用する方法はないのか?ということを強く思いました

 

実はそのまま食べたりジャムや食品に加工したりされています。樹皮は昔は樹皮を煎じて服用すると下痢止めに効果があり、口内炎、扁桃腺炎には煎じた液体でうがいをすると良いと言われています。ですが、葉には利用方法はないということで剪定されたり廃棄されたりが当たり前となっています。その上「やまもも葉」はとてもかたく、手間がかかるなどの理由から剪定され廃棄さえ敬遠されつつあります。そんな「やまもも葉」を目にするたびに、この葉を利用する方法はないのか?ということを強く思いました。

 

もし「やまもも葉茶」が出来てそれを飲み続けることで少しでも、アレルギーや花粉症・アトピーなどの改善になるのであれば、そしてそれが従来廃棄さえ敬遠されていた「やまもも葉」でできれば、体に優しくそしてアレルギーや花粉症・アトピーで悩む多くの人の新しい光になるのではないかその上、廃棄される「やまもも葉」が減ることにより環境にも優しいと思いました。

 

(やまももの木)

 

 

手間のかかる「やまもも葉」を、独自の方法を見い出し、簡単・便利に飲んで頂けるようにティ―パックにしました

 

まずは、「やまもも葉」を収穫して、お茶づくりのプロの方などに勉強しながら教えてもらい、色々な方法で試作を繰り返しました。ですが、色々試作を繰り返していくうちに、「やまもも葉」は非常に手間がかかるということをあらためて実感することになりました。

 

まず、本来のお茶の葉の柔らかさはなく葉がかたすぎる!そしてその葉は一般的な方法ではお茶にならない!など初歩的な問題がたくさんありました。困難を極めていくうえで、何とか「やまもも葉茶」つくりあげたいという思いで様々な試作を重ねました。それと同時に、「やまもも葉茶」はお茶として重要視されているノンカフェインであるかどうかの検査で見事ノンカフェインでそのことも「やまもも葉茶」づくりにはプラス材料でした。試作の続く中、独自の方法を見い出し、簡単・便利に飲んで頂けるようにティ―パックにしました。中身の量もかなり試行錯誤し、味がでにくい「やまもも葉茶」でも風味・味がでやすい内容量にこだわり、中で茶葉が泳ぐように大き目の袋にいれるなど様々な工夫をこらし、ようやく「やまもも葉茶」が完成しました。

 

(やまもも葉茶・ティ―パックの中身)

 

(やまもも葉茶)

 

 

「やまもも葉茶」を知ってもらえるきっかけになるのではないか?と思い飴づくりをスタート

 

「やまもも葉茶」はできましたが認知度も低いためなかなか手にとってもらえる機会がありません。ですが、どうしても「やまもも葉茶」の美味しさを知って欲しい!このお茶を飲んでみたい!と思うように「やまもも葉茶」のエキスをとじこめた飴なら多くの世代の方に手軽に「やまもも葉茶」を知ってもらえるきっかけになるのではないか?と思い飴づくりをスタートしました。

 

まずこだわったのが、お子様はもちろん、妊活・妊娠・授乳中の方にも食べて頂けるように国産原料にこだわること。そしてお茶の飴といえば苦いとかお子様は食べにくいということがあるので、食べやすい飴にしたいということでした。ですが「やまもも葉茶飴」製造は思うよりも限りなく大変で困難を極めましたが、繰り返し試作を作り最終的に国産原料の水飴の中に、「やまもも葉茶」のペーストが入っている素朴な甘さと優しい味わいの「やまもも葉茶飴」に出会うことができたのです。

 

(やまもも葉茶飴とやまもも葉茶飴・小サイズの現行パッケージ)

 

 

「やまもも葉茶」を継続して飲むこと・「やまもも葉茶飴」を気軽に食べることで、薬に頼らず、アレルギー・花粉症・アトピーを改善する手助けになる

 

そしてようやく「やまもも葉茶」と「やまもも葉茶飴」が完成しました。完成した商品を知人や友人、お子様や妊婦さん、授乳中、妊活中の方様々な方々に飲んだり食べたりして頂き、「あっさりして飲みやすい・フルーティー」、「晩茶みたいだけど晩茶よりスッキリ感がある」、「中から、やまもも葉茶のペーストがでてくるのがすごくいい」、「子供が美味しいと気にいって食べてる。」、「国産なので安心」などの様々なありがたい感想を頂くことができ、より「やまもも葉」の魅力を確信いたしました。そして、「やまもも葉茶」を継続して飲むこと・「やまもも葉茶飴」を気軽に食べることで、薬に頼らず、アレルギー・花粉症・アトピーを改善する手助けになること、をたくさんの人に知って欲しい!と強く思いました。

 

皆様のご支援よろしくお願いいたします。

 

【ココカラハッピー】

 

やまもも葉茶・飴は一般販売が主でサイトではREBORNと女子力をコンセプトにした商品展開をおこない、サイトはサイトでの別の切り口での展開を目指している。

Mail:kokokarahappy101@yahoo.co.jp

ココカラハッピー http://store.shopping.yahoo.co.jp/kokokara-happy

ココカラハッピーBASEサイト

(やまもも葉茶・やまもも葉茶飴のみ) http://kokohappy.theshop.jp/

TEL:088-612-7553

 

【引換券について】

・サンクスレター


・HPにお名前掲載

 

・やまもも葉茶中サイズ1点

 

・やまもも葉茶飴小サイズ1点


・やまもも葉茶大サイズ1点

・徳島県の特産物(鳴門ワカメかすだち・お菓子など)詰め合わせ

 

・すだち酎ハイ1本

・鳴門金時2㎏ 


最新の新着情報