まずは「古書肆スクラム」へのご支援ありがとうございます!

REDY FORの支援金も、少しずつ集まってきました。そしてなにより、誇張ではなくスタッフと利用者さん一同、みなさまからの応援によって本当に大きな勇気と力をいただいていて、毎日たのしくがんばれています。

 

いつもの内職仕事にプラスして、本の仕事のほうも、だいぶん進んできました。

今月から市川市役所のなかで定期的な販売(ミニ古本市)ができるようになり、また5月には柏市で行われる「本まっち柏」にも出店が決まり、そのための作業として、本のクリーニングや値付け作業を行っています。やっと一つの流れやカタチができてきて、牛歩ではありますが前進しているという実感がわいています。

 

どうしても初期コストのかかってしまう店舗販売やネット販売ができるまでには至っていませんが、まずは千葉県の古書組合に加入し、本をまわしながら少しずつ買取のほうもはじめていきたいとおもっています。運転資金づくりをしつつも、とにかく本が集まらなくては動き出せないので、なんだか「にわとりと卵」の話みたいですが、運転資金と本集めにまいにち奔走しています。(当事業所の経営そのものに差し障りがあるわけではありませんのでご安心を!)

 

とにもかくにも「今」を大事にしながら、やるべきこと・やれることを着実に進めていきたいとおもいます。みなさまのご好意や応援を無にしないように精一杯がんばりますので、引き続きのご支援をよろしくお願い致します。

 

ありがとうございます!

新着情報一覧へ