【生徒たちとこれからと】
 

2013年7月に始めた日本語学校。
今年で5年目を迎えます。
 

生徒を募ったとき、90人の子どもたちが勉強したいと通ってくれました。

ですが、僕の教え方が甘かったのか、

授業中に遊ぶ子
遅刻して来る子
宿題を忘れる子

まとまりのないクラスになっていました。

「村からガイドを排出する」
「村のリーダーを育てる」

という目標を掲げ、クラスの規律を乱す子たちを家に帰し、宿題をやってこない子を辞めさせるというスパルタ教育を行ってきました。

僕のやってきたことが正しいかどうかわかりません。

それでもついてきた生徒たち。


今年の9月に高校を卒業し、村を出ます。

みなさんの想いのこもった建設費用で建てられるシェアハウスに住み、進学・就職します。

 

これからは生徒の意見を主張し、自分の思った道を進めるように背中を押す番だと思っています。

 

どうか一人一人の想いが形となりますように。

 

2017年8月3日

Kumae 代表 山勢 拓弥