READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

70年の時を越えて、幻の国産車「くろがね四起」復元計画始動!

小林雅彦(NPO法人「防衛技術博物館を創る会」代表)

小林雅彦(NPO法人「防衛技術博物館を創る会」代表)

70年の時を越えて、幻の国産車「くろがね四起」復元計画始動!

支援総額

13,241,000

目標金額 10,000,000円

支援者
765人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
51お気に入り登録51人がお気に入りしています

51お気に入り登録51人がお気に入りしています
2016年09月04日 17:40

仕上げ作業が続きます~

 

エンジンに火が入り、ホッとしたのも束の間の出来事。

 

電気配線関連や、動力伝達系の作業を仕上げなくてはなりません。

並行して、コマゴマした部品取りつけも進行しております。

まずは懸案事項であったメーターパネルですが、ご覧の通りの仕上がり。

左から充電電流計、エンジン油圧計、速度計、燃料計です。

一番右の穴にはイグニッションスイッチが入ります。

 

こちらはフロントグリルに取り付ける陸軍星章です。

愛知県豊橋市のファインモールド様が無償で真鍮から削り出してくれました。

今回同社より発売される1/35プラモデル「くろがね四起」の取材に訪れた際に、ダメ元でちゃっかりお願いしたモノですが、快諾して頂いた上に、素晴らしい出来栄えに大満足です。ありがとうございます。

台座の鉄板に取り付けるとこんな感じです♪

とても良い雰囲気になりますね~!(^^)!

 

最後の大仕事と言うか、細かい仕事であるデータプレート一式は、旧漢字のフォントも無く、どうしようか思案していたところ、映画関連のお仕事をされている支援者のT様が手書きでレタリングして下さいました!!

その手書き原稿をスキャンしてイラストレーターで加工、白黒反転して出力したものが写真のサンプルです。

これをアルミ板に印刷したら、データプレートの出来上がりですが、納期がお披露目会ギリギリとのことで、果たして間に合うのか?当日をお楽しみに('ω')ノ

 

3年前の9月14日に御殿場にやって来た「くろがね四起」です。

何とか三周年に合わせて試走できるように頑張っております。

 

次回は、無事に走ったというお知らせが出来ると思います。

 

実行者:小林 雅彦

 

一覧に戻る

リターン

3,000

■タミヤのパッケージイラストなどを手掛ける、佐藤元信さんのイラスト入りポストカードお礼メッセージ郵送。

支援者
105人
在庫数
制限なし

10,000

3,000円の引換券に加えて、
■支援者全員のお名前を入れたプレートを製作し、車両展示に併設致します。
■静岡県御殿場市で開催される、2年後の完成披露の特別内見会にご招待致します。
■佐藤元信さんのイラスト入りオリジナルTシャツをプレゼント。

支援者
573人
在庫数
7

30,000

10,000円の引換券に加えて、
■完成後に、助手席に乗り記念写真撮影。

支援者
79人
在庫数
17

100,000

30,000円の引換券に加えて、
■助手席に乗ってお披露目会場内を一周体験搭乗。

支援者
23人
在庫数
6

300,000

100,000円の引換券に加えて、
■佐藤元信さん描き下ろし「くろがね四起」内部透視イラストの記念プレートをプレゼント。

支援者
7人
在庫数
3

プロジェクトの相談をする