月がさ 公式サイト

 

まずは、くさのねフェスティバル2018の開催おめでとうございます。

 

月がさは今年2月からライブ活動を休止していて、活動復帰後地元佐倉での1発目のライブはくさのねフェスということになります。

 

正直、活休だしタイミング的に月がさはまた今度ねってなってもおかしくなかったと思うんですよ。サンストや佐倉には本当にたくさんのアーティストがいるし。それでも僕たちを誘ってくれました。めちゃくちゃ嬉しかったです。絶対出たかったから間に合って良かった。。

 

9月2日、ただいまって直接言わせてください。乾杯しましょう。

 

月がさ Bass カミヤブ

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

佐倉で生まれ佐倉で育った僕にとって、佐倉で音楽フェスをやるなんて正直考えた事もなかったですし、幼少時代によく通っていた草笛の丘が会場だなんてめちゃくちゃ夢があるなあと思いました。第1回目のあの日のライブ。夢中でライブしました。忘れられない日でした。

 

僕ら月がさは2月からライブ活動の休止をしています。それもありタイミング的に今年は出れると思っていませんでした。

それでも僕らの帰りを待ってくれて誘ってくれました。本当に嬉しいです。

 

去年のくさのねフェスに出演出来ず悔しい思いをしたアーティスト達もたくさん知っています。そんな気持ちを全て抱えて今年もステージに立つのです。生半可な気持ちではありません。今年も全身全霊でのぞむので楽しみにしていてください。

ただいまを直接言えるの楽しみにしています。

 

月がさ Gt うみの

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

佐倉で育った人間なので

 

『草ぶえの丘でフェスをやる』ってのはとんでもない衝撃でした。

 

シラハタさんから初めて話を聞いた時

失礼だけど、思わず『おお!お?あ、え、大丈夫なんですか?』なんて聞いてしまいました。(本当に失礼)

 

それほどまでに田舎、ってか森のど真ん中なんです。(最寄りの駅からの徒歩はオススメしません。バスを使ってください)

 

でもシラハタさんは『どんなことになっちゃうんだろうね!』ってワクワクした顔で笑いながら

新しいチャレンジに目を輝かせていた。

 

小さな光だったけれど、その光がもってる力はとんでもなかったから

次々と周りの人達に届いていった。

 

僕ら、バンド達に。

実行委員、スタッフの方々に

そして 沢山のお客さんに。

 

みんな光を抱いた。

 

そうやって去年、みんなの力で

『くさのねフェス』が〝生まれ〟ました。

 

シラハタさんの、たった一つの光から始まったフェス。

気がつけば沢山の光に溢れていました。

 

次はみんなが抱いた光を拡散して

 

『くさのねフェス』を〝育てる〟ことができるんじゃねぇかな、と勝手に思っております。

 

今年もまた、一緒に想い出を増やしましょう。

 

月がさ Vo.Gt 光

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

くさのねフェス公式サイト
http://sakura-kusanone.com/

 

ツイッター

Tweets by kusanone_fes 

 

facebook

くさのねフェス

 

instagram

くさのねフェス (@kusanone_fes) • Instagram photos and videos

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆