プロジェクト概要

モンゴルの子どもたちをガンから助けたい!モンゴルプロジェクト。

 

 

はじめまして、京都南ローターアクトクラブの澤田です。ローターアクトクラブとは、奉仕活動や交流を通じて、世界の問題に取り組む18歳から30歳までの人々が集まった組織です。世界に8000を超えるクラブがあり、186,000人以上の会員がいます。そしてその1つが京都南ローターアクトクラブです。

 

モンゴルでは今きちんと治療のできるガンの医療施設がほとんどありません。そのため日本にいれば救えたであろう命が多く奪われています。がんでの死亡率が世界的にみてもトップクラスであるのが今のモンゴルの現状です。

 

救える命を救いたい!そんな思いから私達は、モンゴルのローターアクトクラブと協力して、がん研究センターの建設を計画しております。しかし建設費の一部不足しており、今回皆さまのお力を貸していただきたくプロジェクトを立ち上げました。どうか皆さまの暖かいご支援をよろしくお願いいたします!

 

 

ファイル 2016-08-06 21 32 49
はじめまして!京都南ローターアクトクラブです。

 

 

ガン死亡率は世界第2位。定期検診がないモンゴルでは発見した時は手遅れな事がほとんどです。

 

 

モンゴルには、ガン研究センターが1つあります。しかしベットが6つしかなく、ほとんどの人は入院ができないのが今の現状です。そのため、多くの人は家庭での治療をしいられ、十分な治療を受けることができず、苦しみながら命を落とすこ子どもたちがいます。

 

モンゴル全体のがん死亡率は2005年世界第2位です。そして2015年には胃がんによって死亡した人の数は世界一位でした。(172カ国中)

 

またモンゴルには定期検診という習慣がなく、日本でよく耳にする早期発見という言葉はモンゴルでは見かけません。そのためガンが発見された時には既に末期で、ほとんどの人が手遅れの状態で命を失っています。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
モンゴルでは救える命が奪われています。

 

 

ベット数を増やし、ひとりでも多くの救える命を救いたい。

 

 

今回のプロジェクトは、みなさまからご支援をいただき、モンゴルの子どもたちのためのガン研究センターを改築するための工事費用の一部にします。そして改築することで、モンゴルの子どもたちの命を一人でも多く助けたいと思っております。

 

現在ガン研究センターには、6つしか入院できるベットがありません。そこでこの施設の一部を入院の出来る部屋へと改築し、ベット数を増やし、入院できる子どもたちを増やしたいと思います。

 

また子供たちが入院中、退屈しないように、身体を動かせるように、子どもの遊び場も併設する予定です。

 

改築費用は全て建築会社に頼んでしまうと、高額になってしまい支払うことが出来ません。そこで私達は、モンゴルの建築会社にサポートをしてもらいながら、みずから改築する予定です。

 

 

改築完了図。手前は子供たちの遊び場です。

 

 

生まれる国によって生き方が変わってしまう世の中を変えたい!

 

 

今回のプロジェクトによって、ガンで苦しめられ、命を失う子どもたちが減ることを願っています。今後の世界を担う子どもたちをぜひ救ってあげたいです。

 

世界中にはたくさんの人々が存在し、共存しております。しかし、生まれる国によって生き方が変わってしまうのが今の現状です。子どもたちは将来、世界をもっと良くしてくれる人材です。そしてわたしたちの歴史を子孫に引き継いでくれる重要な存在です。

 

そんな子供たちの命を救うため、どうか皆さまのご支援をよろしくお願いいたします!

 

子供たちを救いたい!ご支援よろしくお願いいたします!

 

トップ写真参照元:http://www.suggest-keywords.com/bW9uZ29sIGRyZXNz/