READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

台風に奪われた学び舎を再建し、レイテの子ども達を笑顔にしたい

山本 良太

山本 良太

台風に奪われた学び舎を再建し、レイテの子ども達を笑顔にしたい
支援総額
720,000

目標 700,000円

支援者
57人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
6お気に入り登録6人がお気に入りしています

6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2014年04月19日 00:34

私たちの学校の再建計画

こんにちは!
みなさんのご協力によって、達成率60%までになりました!
本当に、本当に感謝の気持ちしかありません。
あともう少し、このまま頑張りたいと思います!

さて、今日は私たちが計画している学校の再建について、その進め方をご説明したいと思います。

私たちは台風で被災した学校を再建するために、2つのフェーズに分けて考えています。
1つ目のフェーズ:学校の建物そのものを再建すること。
2つ目のフェーズ:再建した建物の中で授業が行えるようにすること。

1つ目のフェーズである建物の再建は、今回皆さんにご協力いただいている資金を活用させていただきます。学校再建には、240,000ペソ、日本円にしておよそ560,000円が必要となります。この額には、工賃と資材費(屋根の木材、金属屋根、屋根固定用金属板、雨樋)が含まれています。再建は、費用納入から2ヶ月の計画です。フィリピンでは、ローンを組むなどの仕組みはあまりないので、納入した費用で人を雇い、資材を購入します。そのため、今回のプロジェクトが成立しなければ、計画そのものが流れてしまいます。(560,000円に手数料等を含めた額が今回皆さんにご支援いただいている合計になります)

 

 


(屋根がなくむき出しになった屋根の骨組み。ビニールシートはかかっていますが雨ざらしで折れているところもあります)

 

 

学校を再建すれば、すぐに学校が元通りになって、子どもたちが学び、先生たちが教えられるわけではありません。学ぶための道具や教えるための道具が必要です。2つ目のフェーズでは、そうした道具の整備を行います。これは現在私たちがREADYFOR?とは別で取り組んでいるもので、いらなくなった絵本や勉強道具を支援者の方々に譲ってもらい、絵本の翻訳を行っています。また、他にも使用しなくなったタブレットコンピュータを譲ってもらい、授業で使えるアプリケーションなどを入れるなどしています。学校が再建され次第、これらを学校に持っていく計画です。

 

 


(高潮によって流されたり、使えなくなったりして、何もかもなくなってしまった教室)

 

 

今回の計画はすべて、皆さんからのご協力なしでは成し遂げられません。
皆さんにご協力をいただき、なんとかレイテが明るくなっていく手助けをしていきたいと思います。

一覧に戻る

リターン

5,000

・レイテ島の美しい風景、笑顔で学ぶ子どもたちをテーマとしたポストカード5枚セット
・再建した学校で学ぶ子どもたちからのサンクスレター
・フィリピンカラー(赤・青・白)で作ったミサンガ

支援者
26人
在庫数
制限なし

10,000

・レイテ島の美しい風景、笑顔で学ぶ子どもたちをテーマとしたポストカード5枚セット
・再建した学校で学ぶ子どもたちからのサンクスレター
・フィリピンカラー(赤・青・白)で作ったミサンガ
・ご支援者のお名前入りプレートを学校に掲示

支援者
25人
在庫数
制限なし

30,000

・レイテ島の美しい風景、笑顔で学ぶ子どもたちをテーマとしたポストカード5枚セット
・再建した学校で学ぶ子どもたちからのサンクスレター
・フィリピンカラー(赤・青・白)で作ったミサンガ
・ご支援者のお名前入りプレートを学校に掲示
・再建した学校の教室命名権
・学校ロゴ入りTシャツ(フリーサイズ)

支援者
3人
在庫数
制限なし

50,000

・レイテ島の美しい風景、笑顔で学ぶ子どもたちをテーマとしたポストカード5枚セット
・再建した学校で学ぶ子どもたちからのサンクスレター
・フィリピンカラー(赤・青・白)で作ったミサンガ
・ご支援者のお名前入りプレートを学校に掲示
・学校ロゴ入りTシャツ(フリーサイズ)
・再建した学校の教室命名権

支援者
5人
在庫数
完売

プロジェクトの相談をする