おはようございます。納多です。
 
私はLGBTの当事者ではありませんが、
ストレート・アライ(Straight-Ally)として、
このプロジェクトに参加させてもらっています。
そのストレート・アライ……とは、何なのでしょうか??
 
Straightは異性愛者のこと。
「ノンケ」「ヘテロセクシュアル」とも同じ意味です。
 
Allyとは支援者,サポートをする人のこと。
よくLGBTに対する理解者という意味で使われます。
 
『straight』の語源には、
因襲的(古くからの習慣・しきたりにそのまま従うさま。現代風でないさま。)であるという意味があり、
一説にはその辺りのニュアンスが使用されているのではないかという説があります。
 
LGBT当事者の方も異性愛者をストレートと呼んでいます。
単純に真っ直ぐとか曲がっているとか、そういう印象で差別があるわけではないので、ご心配なさらないで下さいね。
 
※画像は「LGBT straight ally pyramid symbol」
 
これを読んでいただいている方は、
多少なりともLGBTに興味・関心を持っている方だとは思います。
 
僕はたまたま交流会で藤原直さんに出会って、
更に色んな当事者やアライの方とお話を出来る機会が得られました
 
アライになって僕自身に色々と良かった事がありましたが、
そのためにアライになったという理由ではなく、
単に理解できるからアライをしている、といったのが僕の場合は正解に近いです。
 
アライでいて、僕自身はとにかく当事者も含めて色んな人のお話が聞けている事が、皆さんに出会えて良かった事です。
それはビジネスとしては新しいものを生み出すエッセンスであったり、
個人としては、より柔軟になり、見識を深める事であったりします。
 
アライとしての活動をしていく中で身につく事は他にもあります。
・人間関係の幅が増え、イベントへの参加で嬉しい事や楽しい事を共有。
・他者への共感力が上がり、LGBT以外のマイノリティーへの思いやりが出来たり、想像力が豊かになる。
子供たちをいじめの加害者にも被害者にもさせないために必要な知識や経験が身につく
 
 
最後に、どうやってアライになるのか?
「私はアライですと」手を挙げてLGBTに理解を深めること。
そしてその手を隣人に差し出すこと。
これも重要です。
 
ですが理解を深めて、より多くの知識と経験を積んでいただくには、
やはり色々なことに参加し、挑戦していただきたいです。
 
例えば、……
 
・LGBTの勉強会に参加する
・会社として社員研修を企画する
・LGBT映画祭やレインボープライドへの参加
・レインボーのステッカーを貼る
・このプロジェクトを支援したり、シェアすること
 

皆様のご支援や、『いいね』、『シェア』、『リツイート』、などがこのプロジェクト達成の為の力になります。

引き続き頑張って参りますので皆様のご協力、ご支援のほど、よろしくお願いいたします!

 

納多祐也

新着情報一覧へ