プロジェクト終了報告

2017年11月13日

プロジェクト実施終了報告

ライトアップ日光2017が終了し、改めまして皆様からの温かいご支援を頂戴しましたことに、熱く御礼申し上げます。

 

事業3日間、イベント開催の時間帯は雨に降られることもなく、2万を超える皆様にお越し頂くことができました。

中でも本年は日光東照宮内の陽明門のライトアップもあり、大勢の皆様が入口へと向かう表参道に、今や今かと開門を待たれて並ばれました。その際、足元を照らす温かい光は、幻想的に入口までを案内する役割を担うとともに、参道脇に流れる川の存在を知らせる役割として、活躍してくれました。

また、足元を照らす以外の思いがけない活用として、10個程度ではありましたが、灯篭を太鼓演奏イベント会場の設えとして設けることで、ステージに花をそえることができましたし、演奏を聞かれる観客の皆様にも喜んでいただくことができました。

 

当日の事業の様子について、数枚ですが下記の写真にて感じて頂ければと思います。

 


皆さまからご支援頂いた資金は、全額30万円を予定通り行燈作製のために使用させて頂きました。この行燈は今年だけでなく、来年も引き続き使用していきます。大切な実行委員会の財産として、保管し、作製の経緯についてはメンバーに脈々と伝えていきたいと思っております。

さて、リターンについては、現在ポストカードの写真選定を行いつつ、アンケートを集計させて頂いております最中ですので、今後の進捗については、新着情報やメール等でご案内致します。現在12月の発送を予定して動いておりますので、今しばらくお待ちくださいませ。

最後に、ライトアップは来年も引き続き続きます。来年は24回を迎えますが、私たちが掲げる「二社一寺だけの回遊で終わることなく、街中にも多くの人が流れ、思う存分、メジャーな魅力から隠れた魅力まで、日光の魅力を存分に感じて頂ける事業」を目指して邁進して参ります。次回、まちをもっと盛り上げるために、クラウドファンディングを活用させて頂く場合がありましたら、同様の厚く御支援を頂戴できれば幸いです。

 

以上、簡単ではありますが、ご報告と御礼とさせて頂きます。