昨日から、トモプロの数名女子たちが

長野県小諸市の「エコビレッジ」でキャンプに参加しています。

 

 

ここには、長野の山の大自然と、手作りの環境、

そして今回は、劇団四季のアクター武藤寛さんが

ライオンキングを題材に、歌とダンスのワークショップを

開催してくださっています。

3日間で、初めて出会った子供達同士が、1曲に合わせて

歌って踊る、、、という瞬間を作り上げます。

 

昨日から小諸のビレッジに入り、歌とダンス、

それもいつもトモプロでやっているのとは少し趣の違う

ミュージカルミュージカルな音楽に戸惑いながら、

体育館で汗を流しています。

 

 

最近はPOPな音楽やHIP HOPなスタイルのダンスが多くなっている

トモプロのステージですが

トモプロの最初の1曲「みんなのうた」は

「この想いが遠い場所のトモダチに響きあうんだ、、、」という

願いを込めて作った歌でした。

そしてそのダンスは、その想いを形にしたかのようなダンスで

その一つ一つの動きに、願いが込められているもの。

トモプロのかおり先生のつけるダンスは、

その歌の大事なメッセージを形にしたかのような振り付けです。

 

ここ、小諸のキャンプに来て、武藤さんに教えていただくことは

「どのダンスにも、想いを込めて。どの歌にも、その想いを乗せて」

というものでした。

 

スタイルや、格好だけではなく、

その一つ一つの動きに、意味と意思を持って見せる。。。

それは、トモプロを始めたときの、私の想いと同じものでした。

かたちではなく、本当の意味で、つながり合うものが、欲しかった。。

なんだか、この山奥で、ふっと大事なことを

思い出させてもらったかのような。。。

 

南相馬に想いを馳せた「みんなのうた」から始まったトモプロは

その歌詞の通りに

 

「たんぽぽの綿毛は 風に乗り 遠い場所から トモダチを連れてくるのさ」

と、このプロジェクトに参加してくれる

たくさんのトモダチに出会いました。

 

そしてその輪は今や、

杉並、南相馬だけではなく、

福島、いわき、気仙沼、広島、、、と広がっていき、

また新しい出会いを連れてくるのです。

 

歌うことで出会う。

踊ることで見つける。

 

そしてその喜びを、表現していく。

 

 

それはきっと、HIP HOPでも、ミュージカルでも

ライオンキングでも「りるすた☆」(トモプロ第5回本公演メインテーマ)でも

同じことなのです。

 

 

できなかったステップを一緒に覚えて

知らなかった歌を一緒に歌って

同じご飯を食べて、

同じ時間を過ごす。

 

そうやって、本当のトモダチになっていくから

みんなで成長していく。

 

大人も、子供も。。

 

大自然の中で、それぞれの感性をフルに使って

さあ、みんな、新しい自分の扉を開いてみよう。

 

そして、その扉を開いた先に、9月の本公演が待っている。

 

 

今日も暑いですね。

僕たちも頑張ります。

 

 

みなさんが元気に過ごせますように。。。。

 

 

************************

 

 

南相馬&杉並トモダチプロジェクト  第5回本公演音楽劇 

みんなのうた〜LITTLE STAR〜

 

場所:南相馬市 原町生涯学習センター ”サンライフ南相馬”

 

2018年 

1st. stage   9月23日(日)  

16:30開場   17:00開演

 

2nd.stage   9月24日(月/祝) 

13:00開場  13:30開演

 

ticket  

大人 前売り  2000円 /  当日   2500円(高校生以上)

小人 前売り  1000円 /  当日   1500円

(椅子を必要とするお子様〜中学生以下)    

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ